秋田中央道路

各現場の最新施工状況

2004年7月の状況です

☆ 秋田駅東工区の施工状況
☆ お堀工区の施工状況
☆ 旭北工区の施工状況
☆ 親子現場見学会

秋田駅東工区の施工状況です。
現在、ほりたんぽ君(シールドマシン)が発進する立坑の壁の鉄筋を組立中です。また、出入り口(坂路)となるU型擁壁・函渠区間も同時に施工中です。
施工は道路面の下で行われています。
駅東工区断面図


駅東工区全景(04/07/23撮影)
拠点センター「Al☆Ve」がグランドオープンしました。

函渠工(BOX)の天井となる部分の型枠を設置している様子です。(オレンジ色に見えるのが型枠で、この上にコンクリートを打ち込み、天井を作ります)

奥に見えるのが、完成した函渠(BOX)で、手前は、施工中の函渠(BOX)です。施工中は、かなり煩雑になっています。

U型擁壁の中間部から函渠(BOX)側を撮影したものです。梅雨も明け、暑くなっていますので、少しでも快適に作業できるように、扇風機やテントを設置(写真左)しています。
※ほりたんぽ君(シールドマシン)が現地で組み立てられるのは、9月下旬頃からを予定しています。
 
また、掘進開始は、平成17年2月頃を予定しています。
 マシンの製作過程は「シールドマシン(ほりたんぽ君)ができるまで」をご覧下さい。



お堀工区の施工状況です。
お堀工区断面図
 
お堀工区では、水面から21〜22m下の部分の掘削と、6段目、7段目の切梁(全7段)を設置しています。掘削もいよいよ最終段階になってきました。
掘削完了は、9月中を予定しています。


お堀全景写真(04.07.15撮影)


クラムシェルという大型掘削機械で土を掘っています。左の全景写真に写っている黄色い機械の作業状況です。


作業台の上から、土を掘る様子を撮影しました。真ん中に見えるのが、掘削機械のバケット(土を掘り取る部分)です。一度に約2m3を掘り取ります。


キャッスルホテル前にできるランプを作るため、掘削前の土留め壁を設置している様子です。

※お堀部の作業手順はこちらをご覧下さい。



旭北工区の施工状況です。
旭北工区(山王側出入り口)では、中央道路に支障となる歩行者横断地下道の撤去作業が終了し、竿燈祭りからお盆休みの間、機械を一時撤去します。
旭北工区断面図



旭北工区では、歩行者横断地下道の撤去作業が完了しました。竿燈大通りでは、8月3日から始まる竿燈祭りのため、桟敷席が設置されました。
8月17日からは、本格的に工事が再開されますので、通行が規制されます。


(↑写真上が山王側 ↓写真下が駅側)
旭北工区(竿燈大通り)全景(04.07.22撮影)

歩行者横断地下道の中の取り壊しが完了した様子です。

土留めのために設置していた切梁や腹起こしを取り外している様子です。

歩道にあった地下道出入り口の基礎を取り壊している様子です。歩行者の安全や騒音防止のため、囲いを設けて作業しました。

歩行者横断地下道の取り壊しや埋め戻しが完了し、舗装の復旧作業状況です。


夏休み親子現場見学会!
7月24日(土)に親子見学会が行われました。
お堀工区に40人、駅東工区に33人が参加して下さいました。
お堀工区の見学会の様子

工事の説明を聞くみなさん。

現場内での注意事項を聞き、いよいよ中へ!

お堀の中のジャングルジムを見てビックリ!

お堀に住んでいるコイやカモの子供を発見!

作業台の上で記念撮影。


駅東工区の見学会の様子

真剣に説明を聞いていただきました。

シールドマシンの模型に興味津々の子供達

立坑の中を見学

U型擁壁部分の見学

見学の最後にみんなで記念撮影をしました。



H16.05.24掲載分 H16.06.25掲載分

(工事履歴トップへ)

美の国あきたネットトップへ戻る

各ページに掲載の写真及び記事等の無断使用・転載を禁じます。