秋田中央道路


各現場の最新施工状況

2005年 12月の状況です
☆ 秋田駅東・シールド工区の施工状況 ☆ お堀工区の施工状況
☆ 旭北工区の施工状況 ☆ 換気所・駅東避難口工区の施工状況
☆ 千秋公園・大町避難口工区


秋田駅東・シールド工区の施工状況です。



駅東工区全景(05.12.24撮影)

駅東・シールド工区では、平成17年3月15日にほりたんぽ君(シールドマシン)が発進。平成17年7月20日に本掘進を開始。

ほりたんぽ君は、平成17年11月24日に、お堀ボックスに到達しました。現在は、到達防護用の仮壁の撤去がほぼ完了し、移動の準備を行っています。
【クリックで拡大】

お堀BOX内の秋田駅側では到着したマシンが見えるようになりました。現在マシン周囲の土砂を撤去し移動の準備をしています。


お堀BOXの山王側です。ほりたんぽ君の再発進に備え、エントラスパッキン(マシン入口部の逸泥防止材)が取り付けられました。


トンネル内の軌道下では、排水ピットを作っています。写真は、コンクリート打設前の鉄筋を敷き並べている様子です。


駅東換気所から排水ピットに行くための地下通路の構築が順次行われています。
シールド工事一口メモ:「排水ピット」とは?
 
秋田中央道路には、お堀ボックス内を含めた3箇所に排水ピットが設置されます。出入口から入ってきた雨水などを排水するため、標高の低い箇所に貯水槽が作られます。この貯水槽を排水ピットといいます。ここに溜まった水は、ポンプで地上へ排水します。また、秋田駅東に建設される換気所部分の避難口から秋田駅下の排水ピットまでを地下通路で結び、排水設備の点検をできるようにしています。
ほりたんぽ君は、平成17年11月24日にお堀ボックスに到達しています
 マシンの製作過程は
「シールドマシン(ほりたんぽ君)ができるまで」をご覧下さい。


お堀工区の施工状況です。

お堀工区では、ボックスカルバート(函渠)上部の埋戻が完了しました。ランプ部分では埋戻作業が行われています。
【クリックで拡大】

お堀全景写真(05.12.20撮影)
お堀工区断面図
この冬の寒波で、12月だというのにお堀にも氷が張りました。作業構台上では、土留締切の鋼管矢板切断撤去の準備作業が始まっています。


   中央街区ランプ全景写真
        (05.12.20撮影)
ランプ部では、土留工矢板の切断撤去がほぼ終了しました。資材置き場となっていた旧日赤・救急災害センター跡地整然としてきました。


広小路覆工板下の埋戻状況です。機械が入っての作業が困難なため、流動化処理土(土とセメントと水を混ぜたもの)という特殊な工法で埋戻を行っています。

※お堀部の作業手順はこちらをご覧下さい。



旭北工区の施工状況です
竿燈大通りでは、通行規制を行いながら、作業を行っています。作業は、覆工板の下で行われています。
旭北工区断面図
旭北工区(山王側出入り口)では、掘削、土留支保工の設置が完了し、U型擁壁・ボックスカルバートの構築が行われています。

   旭北工区全景(05.12.22撮影)


シールドマシンが到達する立坑の掘削が完了し均しコンクリートが打設された様子です。
【クリックで拡大】

交差点直下でボックスカルバート底版の配筋作業を行っている様子です。

U型擁壁区間では、作業通路を残して、壁部分のコンクリートを打設するための支保工が設置されています。

ボックスカルバート区間の一部では、頂版の配筋やコンクリートを打設を行うため空間内全部に支保工が設置されています。


換気所・駅東避難口工区の施工状況です。

換気所・避難口工区断面図
換気所・駅東避難口工区(秋田駅東側)では、換気所地下部分とシールドトンネルを接続するための作業を行っています。
換気所・駅東避難口工区全景
(05.12.26撮影)
【クリックで拡大】

換気所立坑の床掘りが完了しました。黒く見える部分がシールドトンネルの外側上面です。


換気立坑に鋼製枠を設置している様子です。この鋼製枠は完成すると煙突の役目をします。
 駅東避難口は、ニューマチックケーソン工法で作られました。詳しくは、ニューマチックケーソン工法の作業手順用語説明をご覧下さい。

千秋公園・大町避難口工区の施工状況です。

避難口工事は、オープンケーソン工法により行われています。大町避難口は、3ロット目のケーソンの沈設が完了し、4ロット目を製作しています。千秋公園避難口は、3ロット目のケーソン沈設を行っています。

大町避難口

千秋公園避難口

大町避難口工区全景
(05.12.23撮影)

千秋公園避難口工区全景
(05.12.27撮影)


大町避難口3ロットを沈設している状況です。ジャッキによる圧入とクラムシェルによる掘削を交互に行っています。


千秋公園避難口3ロットのコンクリートをコンクリートポンプ車により打設をしている状況です。
【クリックで拡大】

大町避難口3ロット沈設時の圧入状況を管理している画面です。ケーソンの沈設高さや傾きを管理しながらジャッキの圧力を調整し掘削を行います。


千秋公園避難口3ロットのコンクリート打設後、防水のため塗膜の吹付けを行っている状況です。



H16.01.16掲載分 H16.02.27掲載分 H16.03.19掲載分 H16.04.22掲載分
H16.05.24掲載分 H16.06.25掲載分 H16.07.26掲載分 H16.09.01掲載分
H16.09.28掲載分 H16.10.28掲載分 H16.11.26掲載分 H16.12.28掲載分
H17.01.28掲載分 H17.02.25掲載分 H17.03.29掲載分 H17.04.22掲載分
H17.05.27掲載分 H17.06.30掲載分 H17.07.27掲載分 H17.09.01掲載分
H17.09.29掲載分 H17.10.28掲載分 H17.11.29掲載分

(工事履歴トップへ)

TOPへ


各ページに掲載の写真及び記事等の無断使用・転載を禁じます。