美しき水の郷あきたTOP 

HANAWA BAYASHI in KAZUNO


 秋田県の県北、元は南部藩に属していた鹿角市花輪地区で毎年8月の19,20日の2日間にわたって繰り広げられるこの「花輪ばやし」。これは花輪通総鎮守として近郷の厚い信仰をあつめてきた花輪の産土神、「幸稲荷神社」の祭典にあたり奉納される祭礼囃子です。

 提灯や造花、幕、簾などで豪華絢爛に飾った各町内の屋台が運行し、激しい囃子にあわせて町内を練り歩きます。なかでも20日未明に行われる「朝詰め」は最大の見所で、JR花輪線鹿角花輪駅前の広場に、町内全ての屋台が集まって囃子を競う様は、まさに圧巻です。最後の締めに行われる「さんさ」もまた、迫力満点です!

 
Quick Timeで動画がみれます
     

"囃子1"(QuickTime : 608KB)   "囃子2"(Q.Time : 480KB)   "さんさ"(Q.Time : 324KB)

 華やかに飾られた豪華な屋台

囃子方を乗せた屋台の前には踊り手が

威勢のいいおなごっこの囃子方

囃子を盛り上げるために屋台前方で飛び跳ねる

屋台が向かい合った時は通行権をめぐり交渉

交渉決裂すれば屋台を最接近させ囃子で勝負

前方から迫り他町の屋台を待ち受けることも

囃子の掛け合いはかなり激しい!

鹿角市のホームページ 美しき水の郷あきたTOP

Designed and Shreaded by Tami Izumitani