美しき水の郷あきたTOP 

NAMAHAGE FIRE FESTIVAL in OGA


 
 2月の寒い寒い冬空に響きわたるおどろおどろしいなまはげの雄叫び。秋田市から北に60kmほど離れた男鹿半島の北側の山中、真山神社を舞台に繰り広げられる「なまはげ紫灯(せど)祭」は、もともと男鹿市や若美町で大晦日の夜に地域の若者達が面をかぶり、「ケデ(藁で編んだ装飾具)」を着て家々を回る重要無形民族文化財「なまはげ」と、真山神社で1月3日に行われる紫灯祭を組み合わせて、観光用に作り出したイベントです。

  昭和39年に男鹿温泉郷の星辻神社で行われたのが始まりで、その後会場が真山神社に移された後、地元真山地区の住民約70世帯を中心にして、「地元の祭、住民総出の祭」として根付き、男鹿市や旅館組合などの協力も得て、今では男鹿半島の冬の行事として定着しています。

  期間は毎年2月13〜15日、男鹿半島の山中のため雪も多く寒いけれど、なまはげの迫力と地元の人たちの熱い情熱がこの祭を支えており、遠くから近くから参加した参列者の心には、なにかあたたかいものが残るはずです。

 
Quick Timeで動画がみれます

"松明を持ち山から降りてくるなまはげ"

 (QuickTime : 224KB)

「泣ぁぐ子はいねぇがー!
       悪い子はいねがぁー!
                      うおぉぉー!」

 湯の舞・ちん釜祭

湯ぼうきで釜に沸いた湯を参列者にかけ、真
山神社の巫女が扇と鈴を手に神事舞を奉納する

紫灯火

暗闇に炎と火の粉を舞あげる紫灯火を囲み、
多くの参列者がこのなまはげ紫灯祭を見守る

なまはげ踊り

桶と出刃包丁をもったなまはげの激しい舞

なまはげ太鼓

紫灯火を前に神楽殿では勇壮ななまはげ太鼓

里のなまはげ乱入

参列者に襲いかかるなまはげたち

「ケデ」を拾うと今年も一年安泰だそうです

山のなまはげ下山

いよいよメイン、山から降りてくるなまはげたち

手には松明を持ち雪の降り積もった山道を行く

 祭の最後には、その年の無病息災開運招福の効能があると言われる紫灯火で焼かれた餅が配られます
関連リンク 男鹿市のホームページ
男鹿のなまはげ(男鹿のなまはげ保存伝承促進委員会) 美しき水の郷あきたTOP

Designed and Shreaded by Tami Izumitani