美しき水の郷あきたTOP

刈和野の大綱引き(西仙北町)

 五百年余りの伝統をもつとされる重要無形民俗文化財「刈和野の大綱引き」は、旧暦一月十五日の満月の夜に行われる。二日町(上町)と五日町(下町)双方の大綱を結び合わせて、総勢六千人が一斉に引き合う。怒濤のように押し寄せる波は、冬に閉ざされた民衆のエネルギーの爆発でもある。    

  昼ごろから、会場となる刈和野大町通り(旧羽州街道)にダンプカーで雪が運び込まれる。

綱が道路と擦れて切れるのを防ぐためと、けがの予防だという。通りの中央の綱をあわせる場所は「ドップ」と呼ばれる。そこに一週間前からとぐろ巻きにして鎮座してきた二本の大綱の前で、神事が行われる。「市神」が祀られる浮島神社の宮司が綱引きの安全や五穀豊穣を祈とうする。その綱の上からもちやミカンがまかれて、綱引きへのムードが高まっていく。

 二日町の雄綱(おづな)と五日町の雌綱(めづな)は、男女の陰陽を象徴している。雄綱は、男性の厄年にちなんで長さ四十二尋(約六十四b)ある。先端は「ケン」と呼ばれ、綱の回りをわらで包み、さらに新縄で三十三回巻きにしている。一方、雌綱は女性の厄年にちなみ三 十三尋(五十b)。先端は「サバグチ」と呼ばれて輪の形をしている。太さはともに約七十a。

 綱引きの前の「綱合わせ」でケンをサバグチに通してから雄綱を雌綱に巻き付けて結び目をつ
くるため、引き合うときには双方の綱の長さがほぼ同じくなる。

 通りにのばされた大綱に、しり綱と小綱をつける作業が始まる。しり綱は、長さ二十尋(約三十b)あり、文字通り綱全体を長くするために大綱の後部に継ぎ足す。さらに、より多くの人が引きやすくするために長さ十二尋(約十八b)の小綱をつけてゆく。小綱は大綱に巻きつけるようにして結び、左右両方向へのばす。引いている際にほどけないよう工夫されている。小綱の数は各町内四十本ずつに制限されている。    

  綱の長さは双方同じだから、勝負は加勢の多さで決まる。その加勢についてこんな意見があ る。二日町が有利である。それは観光客が刈和野駅から降りて綱引き会場にむかうと二日町側 が近いため観光客の加勢を得やすい。ここ数年間、二日町が強い理由だという。

 綱の準備を終えると、引き手は家に戻って夕食をとる。夕闇が迫ると大町通りは家々の灯りがともり、雪の中に綱を浮かび上がらせる。夜七時ごろになると、ドップ近くに若者が集まって「押し合い」が始まる。綱引きの前哨戦ともいえるもので、上半身裸の若者たちがかけ声も勇ましく、押し合い、ぶつかり合って気勢を上げる。

 夜九時。夕方ごろはひっそりとしていた大町通りに、人波があふれる。それぞれが綱を手に気合いを入れている。  

  ドップから最後尾まではかなりの距離があるため、数十bごとに提灯を手にした連絡役がつ く。綱はすべてこの提灯を合図に引く。綱引きを取り仕切る建元が中央の綱の結び目に立ち、そこから飛び降りた瞬間に引き合いが始まる。

 九時四十五分建元が「ソラー」というかけ声とともに綱から飛び降りた。「ジョヤサ」の言葉とともに提灯が後方に忙しく振られる。思い切り綱を引く。この日のためによられた綱は、両方から引っ張られるため十b以上も伸びるという。引き合うとあの太くて重い綱が雪面から完全に浮き上がる。いったん大綱が伸びきると容易には引けない。「ジョヤサ、ジョヤサ」を連続していた音頭の調子が変わった。「ジョヤー、サノー」という掛け声とともに、提灯がゆったりとしたリズムで振られている。それに合わせてこん身の力で綱を引く。

 三分も引くと腕と腰が痛くなり掛け声も出なくなる。引き寄せる手応えがピタリとやみ。と突然「こでれー」という声がした。続いて「広がれー」。引くのをやめて、小綱を道路いっぱいに広げて必至でしゃがみ込む。引かれるときの摩擦を多くするために左右に広がる。引きっぱなしでは力が続かないため、いわば防御の姿勢である。五日町の綱を持った約三千人全員がしゃがんで抵抗しても、綱はズルッ、ズルッと引かれる。相手が必至で引いているのだ。  

  再び味方の提灯が振られ、「ジョヤー、サノー」の掛け声。攻撃再開である。一定のリズムを付けてまた引く。かなりの手応えがある。「引き」と「広がり」を何回か繰り返していると突然綱が軽くなった。綱引きの勝敗が決定した。今年のご託宣は「豊作」と出た。

 「刈和野の大綱引き」の由来についてさまざまな説がある。その一つでは「平将門が天慶二年(939年)に乱を起こして滅亡した後、その一族である長山氏が刈和野に土着し、市神の祭事と して町を上下に分けて綱引きを行い、その年の市場開設権を決定した。」とされ、五百年以上 の伝統があるといわれる。江戸時代の紀行作家・菅江真澄は「月の出羽路」の中で、刈和野の 市神と綱引きについて次のように記している。「長山金四郎が家に市神の社を齋奉れり、陰陽
二柱の木形也。としごとに正月十五日には此御神体に沐浴させ奉り、此守護神を二日町と五日町との間に立て制札の前に神座まつり、かくて綱引きの技あり」。真澄の時代にも、旧暦一月十五日に、市神の祭事として二日町と五日町の間で綱引きがおこなわれていたことが分かる。  市神は長い間、刈和野・市兵小路の社に祀られていたが、昭和四十年に刈和野の浮島神社に合祀された。

 刈和野の大綱引きが重要無形民俗文化財に指定されたのは昭和五十九年である。そのころから、大綱引の開催日程について議論がおきた。「旧暦の一月十五日という現在の開催日では、新暦の日程が定まらない。観光客が大綱引きに参加しやすいように開催日程を新暦の二月十五日か、あるいは二月の定まった土曜日に固定してはどうか」という意見が出された。刈和野大 綱引き保存会でも何回か討議を重ねたが、結論は出ていない。  

 県内にはさまざまな小正月行事がある。各地に残るぼんでん、かまくらなどのほとんどが新暦の月日に固定されている。かたくなに「旧暦一月十五日」開催を守り続けている県内の著名な民俗行事には、刈和野の大綱引きと、西木村上桧内の「カンデッコあげ」などがある。

 ここ十年間の旧暦一月十五日は早い年で二月六日、遅い年では三月三日と、年によって開催日に約一ヶ月のずれがある。ちょうど土曜日に当たっていたのは二回だけしかない。こうゆう 状況から町おこしのため大綱引きを全国にPRしようとしても、毎年開催日が違うため積極的に売り込めないという意見もある。一方あくまで旧暦とこだわるのはこれまで綱引きを主宰してきた建元たちである。大綱を作るための稲わらを準備するのも建元が中心にやってきたもよくので、これは数百年にもわたって続いてきた綱引きの伝統でもある。そうした古いしきたり、慣習をよく踏まえずに、綱引きをただ観光だけに役立てようというのは筋ちがいである。   

 まだ電気のなかった時代は、旧暦小正月の満月の夜に、月明かりの下で綱を引き合ったのだ ろう。二日町の雄綱と、五日町の雌綱の二本の大綱作りには七千束の稲わらを必要とする。コ ンバインが普及して、わらが不足しているが、建元は西仙北町大沢郷地区の農家から調達して いる。綱引きの一ヶ月前から、双方が綱を作り始める。細い綱から、しだいに太く編み上げていく。綱作りの後継者問題も今後の課題の一つだ。綱引きは、作占いや神事の一つとして行われてきた。雄綱と雌綱を結んで引き合う刈和野の大綱引きには豊穣多産の願いも込められてき  たことだろう。地域の民俗をしっかりと受け継ぐ綱引きは、人々の暮らしの中に生きている。

伝統文化INDEXに戻る 美しき水の郷あきたTOP