関連ページ 延年チュウクライロ舞パート1

延 年 チ ョ ウ ク ラ イ ロ 舞 ( 象 潟 町 )

 延年チョウクライロ舞。長く久しく生きるすがたの意味で永年長寿を願うものである。毎年6月の第2土曜日に象潟町小滝地区にある金峰神社の例祭に奉納される。県内でも珍しい永年長寿の舞である。すぐそばには奈曽川が流れその滝、奈曽の白滝にも毎年多くの観光客が訪れる。
 チョウクライロ舞は1(九舎の舞)、2(荒金の舞)、3(子児の舞)、4(太平楽の舞)、5(祖父祖母の舞)、6(ぬぼこの舞)、7(閻浮の舞)からなり3,4,5は子供達が舞い、そのほかは大人が舞う。また、チョウクライロ舞の前に、大人たちによる獅子舞、十二段の舞が登場する。
 チョウクライロ舞の前に大人達によって行われる十二段の舞。
 当番宿に集まった舞子の子供達。母親らの手助けで化粧、着替え等が行われる。当番宿は、地区の祭典や行事等の中心となる家で地区が4組に分かれ、一年交代で各組から当番宿をだす。
当番宿には獅子舞、十二段の舞の獅子頭が安置される。
神社本殿での例祭を終え、御宝頭を先頭にした一行は石段を登り、舞の行われる土舞台をめざす。
大人による荒金の舞 子供たちによる小児の舞
九舎の舞、荒金の舞でつかわれるお面

取材・編集:由利総合農林事務所土地改良課

関連ページ 延年チュウクライロ舞パート1