美しき水の郷あきた」へ戻る


平成14年度農業土木学会 第36回東北支部研修会・第26回地方講習会
参加申込み要領
参加申込期日 :平成14年1011(金)
  ※下記様式により、郵送・FAX・e-mailのいづれかの方法で、所属機関ごとに一括して申込みください。

参加申込書 :   <一太郎>  <word>  ←右クリック・保存してご利用ください。

申し込み先 : e-mail <keikaku@pref.akita.jp>  またはFAX 018−860−3815
       ※郵送の場合は、参加申込様式に記載された住所に送付お願いします。

振込先    :秋田銀行県庁支店
          口座番号  563734
          口座名称  東北支部研修会運営委員会

振込金額  :会員 8000円、 非会員 9000円

  ※参加申込み後の参加費用は、返却請求に応じかねますのでご了承下さい。
  ※申込みと同時に参加費を上記口座にお振り込みください。

   第36回東北支部研修会・第26回地方講習会の開催(第1報)

1.課 題
 支部研修会:自然と共生する食づくり・ひとづくり・むらづくり
 地方講習会:土地改良事業計画設計基準・計画「農道」の解説
       農業土木技術者倫理と農業土木技術者継続教育について

2.期 日
 支部研修会:平成14年10月30日(水)
 地方講習会:平成14年10月31日(木)

3.会 場
 秋田県庁第2庁舎(東庁舎)
 秋田市山王三丁目1−1 
 秋田駅から路線バス(交通局線、新屋西線ほか5分おき)県庁・市役所経由
 「NHK前」下車すぐ

4.プログラム
 下記(第2報)参照

5.問い合わせ及び申込み先
  〒 010−8570
  秋田県秋田市山王四丁目1−1 
  秋田県農林水産部農山村振興課
  農村整備計画班(東北支部研修会運営委員会)
  п@ 018−860−1856
  FAX 018−860−3815
  e-mail keikaku@pref.akita.jp

6.昼食及び宿泊施設の斡旋
 昼食は各自にて、当日配布のランチマップからご利用下さい。
 宿泊施設の斡旋はいたしませんが、下記のホームページを参考にお申込みください。 
http://www.acvb.or.jp/meibo.html

<農業土木について>
 農業土木は、生産性の高い農業と快適でかつ自然と調和した生活空間の創造や、限られた資源・水を活かし、食料を豊かにする技術の研究、農村の生活道路、魚のすむ水辺環境、リサイクル、都市と農村の交流基盤など、快適な農村空間を創造する技術のほか、2000年以上に及ぶ伝統と高い技術で世界の食料と水に貢献しています。

詳しくは、農業土木学会のホームページをご覧ください。



   第36回東北支部研修会・第26回地方講習会の開催(第2報)

4.プログラム
第1日目:支部研修会 10月30日(水)
  9:30〜10:45   受 付
 10:45〜11:00   開会あいさつ
 11:00〜12:00   価値観の転換−左脳思考から右脳思考へ−
                秋田県立大学短期大学部 教授      真勢 徹
12:00〜13:00 昼 食
 13:00〜14:10   美しい農村−国民から合意を得るには
                秋田魁新報社 論説委員長        佐々木悦男
 14:10〜15:20   食のちから、農のちから
                農家民宿「果夢園」経営           舘岡美果子
 15:20〜16:30   ワールドゲームズ2001の贈りもの  
                 秋田日産自動車株式会社 社長      三浦廣巳
 16:30〜16:40   閉会あいさつ

第2日目:地方講習会 10月31日(木)
9:00〜 9:30 受 付
9:30〜 9:40 開会あいさつ
9:40〜10:50 土地改良事業計画設計基準・計画「農道」の改定について
             農林水産省農村振興局計画部資源課課長補佐 池山和美
10:50〜12:00 農道計画における周辺環境調査   
             独立行政法人農業工学研究所農村計画部 室長 山本徳司
12:00〜13:00 昼 食
13:00〜14:10 農業土木技術者継続教育機構の状況   
             農林水産省農村振興局設計課 企画官   鈴村和也
14:10〜15:20 農業土木技術者倫理規程について  
              富山県立大学短期大学部農業技術学科 教授 広瀬慎一 
15:20〜15:30 閉会あいさつ

美しき水の郷あきた」へ戻る