学校田・・・前郷小学校の取組
(秋田県 由利郡 由利町)

取材: 由利総合農林事務所 農務課


稲刈り作業】 品種はモチ米の「こがねもち」


【校長先生のお話】
 「昔の人と同じように作業をしてみましょう。」

後ろに見えるのが学校田。降雨により穂が倒れている。 

倒れているため、根本方向から刈る。

おじいちゃん・おばあちゃんと、一緒になって作業。

「刈った稲を束にするのが難しい。昔の人は偉いと思いました。」

「稲刈り後の餅つきが楽しみ。」

50束ずつ掛けていく。20本になったので、8俵弱、480kgぐらいの収穫になると思われる。

 【作業終了】
 おじいちゃん・おばあちゃんにお礼の言葉を言って終了。
 収穫した餅米は、3年生の育てた大豆と一緒に餅つきされ、豆餅となり、おじいちゃん・おばあちゃんに振る舞われる。勤労感謝の日(11月23日)の恒例行事。

前郷小学校

前郷小学校全景。

数々のコンクールで入賞している中庭。