その1
その2
その3

その2

北ブラバント州の養豚農家。農道右側が豚舎で飼養豚は760頭、農用地面積は22ha


畜舎の周辺は石畳で舗装している。臭いは殆ど気にならない。


2年前から当地で養豚を行っており、Minasも同時に導入した。


糞尿は耕種農家へ委託し処理。なお輸送費、処理料は自分が負担している。


ワラはドイツから購入(生ワラ:135ユーロ/t、乾燥ワラ:160ユーロ/t)


Minasは帳簿付けなどで大変だが、窒素量の厳密な計算などにより、経営改善につながっている。


入り口の豚の可愛いモニュメント。農家以外の人へのアピールか。


見学用のスペースを造っている。オランダ人は多弁家が多いようだ。


ヘルダーラント州で説明を受ける。当州の職員は「ねずみ取り職員」300人を含め、全1,000人


Minasは中央政府が直轄管理している。州政府はサポートに回っている。


Minasの管理には農家負担全(2億ユーロのうち50%)も求めるが、理解は得られている。


Minasの導入にあたっては、最初から厳しい数値を掲げ、厳しく規制したため成功した。


ヘルダーラント州の酪農家。兄弟二人で経営。酪農のモデル農家である。


Minasは経営完全につながり評価するが、これ以上の厳しい規制値への対応はかなり困難。


周辺農家は年々減少しているものの、自分は頭数、農用地面積とも増えている。


OHPを使った説明。経営は決して楽ではないとのこと。(20,000ユーロ程度)


その1
その2
その3