かつりょくびと

第2回:「夏期集中セミナー」を開講します
秋田県中山間地域土地改良施設等保全対策事業
(ふるさと水と土基金・棚田基金)

 秋田県では、中山間地域土地改良施設等保全対策事業により、「ふるさと水と土フォーラム」や「現地見学会」などによる啓発普及活動、「ワークショップ」などによる農山村地域活性化と維持管理の軽減手法の実践、「あきた農山村健康院」などによる農山村のもつ癒し効果等の調査研究などに取り組んでいますが、もう一つの重要な役割として、農山村地域における人材育成(「ふるさと水と土指導員」)に取り組んでいます。

 この人材育成の取組の一環として、農山村振興課では国際教養大学地域環境研究センターと共催し、県内市町村等より推薦された農村地域の将来的なリーダーになりうる方々を対象として「Akitaふるさと活力人(かつりょくびと)養成セミナー」を今年度より開講しています。

 平成17年度セミナーの開講式、及び第1回セミナー@「地域力について1」は、去る平成17年7月31日(日)に秋田市中通のカレッジプラザで実施しました。
 
 第2回セミナーは来たる平成17年8月29〜30日に次のように開催致します。

  • 8月29日(月)〜30日(火)(29日午前9:30〜30日午後3:30)
  • 場所:自治研修所(潟上市天王)
    • 第2回セミナー『夏期集中セミナー』 1泊2日
      • A「地域力について2」(国際教養大学 熊谷助教授)
      • B「コミュニケーション概論」(国際教養大学 前中助教授)
      • C「計画立案と協働学習」(国際教養大学 熊谷助教授)
当日のスケジュールはこちらからダウンロードできます→schedule0829-30.pdf

<セミナー概要>

1.主  催 2.目的・概要
  • 農山村の有する、自然、伝統、文化、人的資源を保全・活用し、地域の特性を活かしたふるさとづくりをコーディネートする人材を養成します。
  • 本セミナーにより、地域活性のコーディネーターとして必要な、コミュニケーション能力やワークショップ手法、イベント企画運営などの知識を、国内外における農山村地域の活性化事例や戦略手法の学習、ワークショップやグループ討論を通し修得します。
3.開講期間
  平成17年7月〜平成18年3月
  (現地研修を含め全6回を予定) 

お問い合わせ先

 秋田県農林水産部農山村振興課
   農村整備計画班・定住環境整備班
      TEL:018−860−1856
      FAX:018−860−3815

 ※なお、市町村からの推薦を受けた参加者以外でも、第2回講義について聴講を希望される場合は、上記お問い合わせ先までお電話により事前にお申込みください。ただし、聴講は講義についてのみとし、ワークショップやグループ討論への参加、及び宿泊はできません。また、会場の都合によりお申込み先着若干名までとしますのでご了承願います。


編集:秋田県農林水産部農山村振興課
農村整備計画班・定住環境整備班

Copy right (C) 2005
Akita Prefecture Rural Development Division
All right reserved