県庁出前講座
心豊かな子どもたちを育むために
−水土里とのふれあいを通して−
大曲仙北社会科教育研修会 夏期研修会
○平成15年7月29日、大曲仙北広域交流センターにて県庁出前講座の一環として秋田県農林水産部農地整備課の葭井上席主幹が大曲仙北地域の小中学校の教員の皆さんへ「豊かな子どもたちを育むために」の演題で講座を開きました。
葭井上席主幹
葭井上席主幹の説明
講座の風景講座の様子 約40名の学校の先生方が出席
〜講座の概要〜

○農村振興と学校教育の連携について、「食と農」「歴史」「環境」「交流」「奉仕」の各視点からの取り組の紹介。
○県行政が学校教育と連携可能な具体的な内容の紹介。

かえる  講座の内容を紹介します かえる
資料1
〜食と農について〜
 実際の農作業に触れる機会が少なくなってきている子どもたちに、普段口にしている農作物が、どこでどのようにして作られているのか、日本の食料供給を支えている農業と農村の役割やその大切さについて、最近は、知ってもらうことが重要。
資料2
〜環境について〜
 農村は、田んぼ、水路、ため池、里山など様々な生き物たちが住む自然の宝庫であり、そこには自然と接する機会が少なくなった子どもたちが、自然のしくみや生命の大切さを学ぶことが出来る場がたくさんある。
資料3
〜提供できる場について〜
 全国で「田んぼの学校」と称して、田んぼを中心とした野外学習の取り組みについて説明。
     田んぼの学校の詳細についてはこちらをクリック→  田んぼの学校
資料4
〜提供できる資料について〜
 秋田県の農業をわかりやすくまとめた副読本「秋田の農業」について説明。
   「秋田の農業」はこちらからダウンロード出来ます→ 秋田の農業
〜終わりに〜
 今回の講座をきっかけに、子供の教育の場と農村振興との連携がさらに発展することを望みます。
〜県庁出前講座の紹介〜
 秋田県庁職員が産業、教育、福祉、環境などのについて県民の要請に応じて講師となって出向いて情報提供をしている。また、そのさいの質問や意見等を県政に反映させるように努めている。

出前講座について、詳しくはこちらをご覧下さい→ 県庁出前講座

取材・編集
農地整備課   企画・調査班
農山村振興課 農村整備計画班