美しい日本「歩きたくなるみち」500選推薦コース                                 
第3回
     み ど り
水土里のみちウォーキング
in仁井田堰(にいだぜき)walk
仁井田幹線用水路を歩く参加者
仁井田幹線用水路
(にいだかんせんようすいろ)
 9月11日、秋田市の四ツ小屋地区で農業用施設や地域の文化財の魅力を再発見する水土里のみちウォーキングが開催された。このウォーキングは、水土里ネット仁井田堰と県ウォーキング協会が主催したもので、今年で3回目となる。
 御所野の県秋田県中央地区老人福祉総合エリアに集合した参加者約220名は、出発式の後、6キロ、14キロコースに分かれ、まもなくイネの収穫を迎える田園に向かった。途中、一行は仁井田頭首工や白山神社に立ち寄り、農業用施設や地域の歴史を学んだ。
 主催した水土里ネット仁井田堰の担当者は、『普段は見過ごしがちな頭首工や堰といった農業用施設に触れていただいて良かった』と語った。参加された方々は、心地よい疲労感に満足した様子で、収穫間近な田園をあとにした。
フォトアルバム
出発式の様子秋晴れ 上村委員長挨拶
出発式 今年も晴天に恵まれた 上村委員長挨拶
  (水土里ネット仁井田堰理事長)

  ウォーキングを楽しんできてください
出発前の準備体操 いよいよ出発
ウォーミングアップ  さぁ出発 14kコースから
弥生っこ村を通過 地蔵田遺跡を通ります
国史跡 弥生っこ村周辺 木陰で涼しい 弥生っこ村 地蔵田遺跡(じぞうでんいせき)
  旧石器・弥生・縄文複合遺跡 復元された竪穴住居
  
白山神社でボランティアによる地域の歴史紹介 収穫間近な田園を歩く
白山神社(しらやまじんじゃ・6kコースの中間点)
  しばし休憩。その間、地域の歴史を紹介
田園秋景
14kmコースの中間点仁井田頭首工 仁井田幹線用水路
仁井田頭首工 1(にいだとうしゅこう)
                  14kコースの中間点
仁井田幹線用水路(にいだかんせん
                  ようすいろ14kコース)
  
仁井田頭首工の絵 仁井田頭首工の説明する職員
仁井田頭首工 2(にいだとうしゅこう)
  絵にするとこんな感じでしょうか?
仁井田頭首工 3(にいだとうしゅこう)
  ここでしばし休憩です その間、農業用施設の紹介
せせらぎ水路 ゴール間近四ツ小屋幹線用水路
せせらぎ水路  あれ?水路に水がありません
  実は、この時期イネは登熟期にあり、それ程水を
 必要としていないのです それで肝心のせせらぎ
 水路に流すだけの水がないのです
                水が流れている様子
四ツ小屋幹線用水路
  ここまできたらゴールは間近です
無事ゴォール
  お疲れ様でした JA新あきた提供の参加賞
              『あきたこまち』をどうぞ
地元野菜の直売コーナー
  JA女性部仁井田ふれあいらんど部のみなさんが
   仁井田地区で採れた新鮮野菜を直売しました
   たくさんの方々が買い求めていました 
コースマップ マップを手に仁井田頭首工を目指す子ども
 過去の様子
     第1回 実り秋開催     平成15年10月25日(日) 《2003.10.25
     第2回 新緑の初夏開催 平成16年 6月13日(日) 《2004.6.13
 今年で3回目となった水土里(みどり)のみちウォーキングも、220名の参加者をいただき無事終了した。前日の雨も朝には上がり、日中は歩いていると汗ばむ陽気となったが、やはり暦は9月。時折ほほを通過する風が心地良く秋を感じた。
 途中、小学生の会話で 『昨日、水土里(
みどり)ネットのウォーキングの話テレビで放送されてたよ』 とあった。水土里ネットという言葉が小学生から聞かれ、思わず嬉しく微笑んでしまった。少しは水土里ネットの取り組みが広がってきているなと感じた。
 協賛のJA新あきた様、スタッフのみな様ご協力どうもありがとうございました。
スタッフのみなさん
制作・編集
農林水産部 農地整備課
Copy right (C) 2005
Akita Prefecture Farmland Consolidation Division
All right reserved