交換会@ 交換会A



 10月31日、農の祭典・第124回秋田県種苗交換会(JA秋田中央会主催)が、大館市の樹海ドームを主会場に始まった。会期は11月6日まで。展示会場には、農産物2401点が並べられ、多くの人たちが見事な出来栄えの農作物を手に、真剣な表情で見入っていた。
 農業農村整備フェアでは、大館市の農業用ため池で捕獲されたブラックバス3尾が水槽展示されたほか、田んぼ周辺の農業用水路で捕獲されたイバラトミヨやメダカ、タナゴ、モツゴなどが展示され、参観者の注目を集めた。

主会場(樹海ドーム内)農産物出品展示
 水稲は、例年どおり「あきたこまち」の出品数が最も多く、全体の43%。次いで「めんこいな」は昨年の17%から33%へ大幅にアップした。展示会場でも上位入賞作品の「めんこいな」周辺に人だかりができるほどだった。
 出品数は、水稲133点、畑作物・工芸作物281点、野菜1012点など計2401点、7人と1団体が農林水産大臣賞に選ばれた。
花き展示コーナー  切り花「ストック」(羽後町)
切り花・デルフィニウム「空のワルツ」 バラ
 トマト(湯沢市) サトイモ
ヤマノイモ(大館市) 変わった形のダイコン
ミニトマト(大内町) ネギ(比内町)
山ウド(二ツ井町)。漬物部門では、「山ウド味噌漬」が、農林水産大臣賞。 タマネギ
ハクサイ チンゲンサイ(能代市)
コマツナ 馬鈴薯
キュウリ ニンジン
ブロッコリー 秋田県農業試験場が育成したメロンの新品種「秋試交2号」
乾牧草(中仙町)農林水産大臣賞 木炭(西木村)
ホップ 西洋なし
キウイフルーツ メロン(若美町)
りんご・ふじ(稲川町) マルメロ(森吉町)
秋田の果物 漬物
農林工芸品・・・アケビや藤ヅルを巧みに組み合わせた実用性と商品性を兼ね備えた高度な製品が出品。
見ているだけで楽しい民工芸品

交換会@ 交換会A