明治11年(1878)11月29日から1週間、南秋田郡八橋村の県営植物園で、農作物の種子を交換し合う画期的な催しが開催された。名づけて種子交換会(現 種苗交換会)。これは県内各地で農事改良に努めていた老農たちが、手づくりの作物の種子を持ち寄り、お互いに見せ合い、交換し合うもので、これまでとかく閉鎖的であった老農層の技術を交流するうえで、画期的な意義を持っていた。
 この頃、秋田県産業の中心であった農業には、緊急の課題が山積みだった。その一つは、乾燥法の不備から翌年春には、腐れ米が生じ、市場での評判を悪くしており、その改善は農民救済のうえからも強く要請されていた。ついで、桑・菜種・果樹などの商品作物の発展、西洋技術の導入、在来農法の改善など、勧業行政の課題として注目されていた。

 時の県令石田英吉は、各地の老農層の知恵と経験を生かし、これらの課題を解決するために、明治11年、全県45名の老農を勧業係に取り立てた。その中に、老農の代表である石川理紀之助も入っていた。
 第1回目の出品数は、稲65点、大豆19点、小豆6点、アワ14点、その他合計132点であった。出品者は、自分の作物と比べて優れているものには、交換希望の入札をした。その数は564人にも達した。

 これが、後の昭和恐慌や戦争など幾たびの困難を乗り越えて、一度も休むことなく開催され、今日の秋田県種苗交換会へと発展・継承されるとは、誰も予想していなかったのではないか。平成14年は、第125回目、横手市で開催され、会期中の来場者は約92万人。日本一長い歴史と集客力を持つ「農の祭典」である。



 種子交換会は、会をかさねるごとに発展し、明治15年には、水稲566点、全体で1752点もの数が出品されるようになった。このことは、種子交換会が農民たちの間に確固とした根をはやしたことを示している。この年から名称も現在の「種苗交換会」に改め、談話会も同じ時期に開催されるようになり、農民たちにより役立つように運営された。

 順調に見えた種苗交換会ではあったが、明治10年代後半のデフレ期には、大きな危機に遭遇している。財政負担に悩む県が、19年から隔年開催を打ち出したからである。
 この時、農の祭典を毎年開催すべきであると主張し、それを何と自力で実行したのが石川理紀之助を中心とする「歴観農話連」であった。1年も休まず開催された種苗交換会の伝統を守ったという点で、計りしれない功績と言うべきであろう。

 その後、交換会は明治30年代に入って、秋田県農会の手に移され、40年代には、開催地を各都市が順番にこれを引き受けるようになり、他の関連行事をも巻き込みながら、秋田県最大のイベントとして発展継承されてきた。