八郎潟干拓計画は、何と安政年間(1854〜1860)に渡部斧松が八郎潟疎水計画を立てている。以来、何回か干拓計画が持ち上がったが、財政や技術的な理由で実現に至らなかった歴史的背景をもっていた。

 琵琶湖に次ぐ広さをもつ八郎潟を干拓し、食糧基地とする計画がはじまったのは、昭和27年(1952)のことである。
 前年の9月、単独講和が成立し、独立国となった日本は、経済的な自立のためにも食糧の自給率を高めることが必要であった。その対策として、八郎潟干拓がにわかに脚光を浴び、昭和27年7月には、秋田市に干拓調査事務所が設立された。

 このころ、秋田県内の農村では、働き口のない二、三男があふれ、その解決は県政の重要課題となっていた。八郎潟干拓は、食糧問題と過剰人口問題を一挙に解決できるのでは、との期待が大きかった。

 昭和33年7月、干拓事業がスタート。八郎潟干拓起工式は、秋田市山王体育館で行われたが、当時の新聞には「理想農村を建設/明るい表情の地元民」などと大々的に報じられている。当時、八郎潟干拓に寄せる期待の大きさが伺える。
干陸式
 最新の土木技術を駆使し、7年の歳月と543億円の国費を投じ、昭和39年9月には、ついに干陸に成功、約1万6千haの土地が新たに誕生した。
 この面積は、秋田県の水田面積の13%
 神奈川県の水田面積とほぼ同じ広さである。

 第1次入植者募集が行われたのは、昭和41年6月、定員58名に対して、全国各地から615名、10倍を超える応募があった。モデル農業への期待が、いかに大きかったかがわかる。

 「気持ちは晴れやかにして、胸ふくらみ゛いよいよやるぞ゛と、意欲というかファイトというか、そういうものが身体のすみずみから湧き出て来る。その態様は、まるで入道雲のようであった」(由利郡鳥海村から入植した青年)

 引き続き昭和49年、第5次入植者まで計580戸が入植した。

八郎潟は、かつて琵琶湖に次ぐ日本第2の湖であり、うたせ船の帆影をうつした景勝地であった。漁獲量3千トンをこえ、漁業の宝庫とも言われていた。 日本で最初に建造されたカッターレスしゅんせつ船(昭和33〜39年)。八郎潟22,024haのうち、中央の15,640haを延長約52kmの堤防で囲み、地区内の水を南北排水機場で排水、最新技術を導入してヘドロと呼ばれる軟弱地盤の上に新生の大地をつくりげた。
長く延びた堤防。昭和38年11月に締切りを完了した。調整池の水は、船越水道に設けた防潮水門によって、淡水化され、農業用水として使われている。 昭和40年8月2日、八郎潟農村建設事業団創立。国営干拓事業で創設された1万数千haの土地に、日本農業のモデルとなる新しい農村を建設するためにスタートした。
昭和44年3月23日、八郎潟干拓国営工事完了式。中央干拓地のほとんどがヘドロと呼ばれる超軟弱地盤のため、工事は難航を極めた。ほ場の造成は、排水、乾燥に重点をおき、干陸直後にアシの播種を行い、排水溝の掘削、乾燥耕起、暗渠排水、整地、農道、小俳水路の順に工事が行われた。 入植訓練所開所式。昭和41年の第1次入植から昭和48年までの第5次入植まで580人が入植、そのうち秋田県出身者は約54%と過半を占めた。
新規入植者による春の農場開パレード。 入植農家のドリルファーテライザーによる乾田直播の施肥播種同時作業。
入植者の営農は、1戸あたり15haを家族労働力のみで田畑複合経営を行う。写真は、大型コンパインによる収穫。 手前は農協の石油タンク、中央の赤い屋根二棟は農産物貯蔵庫、道をはさんで右は農機具格納庫、奥に5,000トン貯蔵の大型サイロ。
新生゛大潟村゛の中心部を望む。
昭和32年(1957)に着工以来、20年の歳月と852億円の巨費を投じた世紀の大事業によって生まれた大潟村。昭和39年10月に秋田県で第69番目の自治体としてスタート、その時は6世帯、14人と日本一小さな村だった。