本荘北部

     ”Thanks Dream Road”
       ( 夢 の 道 を あ り が と う )

 木立の緑と日本海の青、秋には鮮やかな紅葉の中を通る。
本荘市北部の日本海側「松ヶ崎地区」と内陸側「内越地区」を東西に結ぶこの道は、まさに地域住民のがかなえられた農道です。 

 古くには、両地区は山越えの交流を行っていたが、今日の自動車社会にあって、そのルートは市街地の狭小な市道を経由するよりありませんでした。
 このため、農作物の集出荷時と通勤渋滞が重なり、農作物の輸送や農耕車の安全通行に支障を来しており、農業経営の安定化はもとより、地域の連携に欠かせない待望の農道なのです。

地図


 本荘北部地区は、全幅7.0m、車道幅員5.5mで、念願であった海岸部と内陸部を結ぶ全長6.2kmの内4.9kmを建設したものです。
 農道として必要最小限の整備水準に止めたことで、建設コストを抑えることが出来た反面、全体的に勾配はきつく、勾配を緩和するカーブが連続する箇所もあり、一般の公道に比べ快適性に欠ける部分もあります。
 この道路は、地元農家はもとより地域交通の重要な役割を担うほか、新緑の季節には間近にむせ返るような緑、遠方には青い日本海、水平線を望むことができます。さらに、頂上付近では本荘市の三望苑にも通じており休憩地としてお勧めします。
国道105号交差点までの110mは、
市道改良で接続。赤田の大仏も近い。
本荘北部地区、始点。
カーブのひとつ。
走行には十分注意して下さい。
市道との立体交差部。センターの隔壁に注意。
上の市道は、三望苑に通じる。
新緑時期の法面。法面緑化も良好。 国道7号への長い下り勾配部。
”海が高い!”、目線の高さに日本海が望める。
本荘北部地区、終点。 国道7号側交差点。
下り勾配の取付となっており、冬は要注意!
路線案内


編集:秋田県由利地域振興局農林部農村整備課
問い合わせは、こちらへ