関連ページ 
はりざっこみっけた ハリザッコを救え@ ハリザッコを救えA 
しずの学校1 しずの学校2 出張授業 イバラトミヨと暮らす


Think'bout Ibaratomiyo. U

 きれいな湧水及び湧水性の水路に住み、水草等で巣を作り産卵するイバラトミヨ(雄物型)は、体長5cm前後のトゲウオの仲間で、背びれに鋭いとげが8〜10本ある事から、秋田県では通称はりざっこ(あるいはとぎざっこ)と呼ばれている。

 中でも秋田県南を中心に生息する雄物型は環境庁レッドデータリストで絶滅危惧種に指定されており、激減の一因には圃場整備等による地下水位低下や、水路の3面コンクリ−ト化もあげられている。

 県内では平鹿町、六郷町、中仙町、千畑町等で生息が知られているが、ここ太田町駒場地区でも地元では以前から知られており、H11年8月に県仙平事務所と県立大短大部農業工学科による現地調査の結果、生息が確認された。この地区では、平成9年度からほ場整備が始まっているが、これまで生き残ってきたイバラトミヨも死滅してしまうと住民に呼び掛け、農家や市民団体「秋田淡水魚研究会(ザッコの会)」のメンバー、地域住民と子供たちが一体となって救出作戦を展開、2時間余りの作戦で計247匹のイバラトミヨを保護する成果をあげた。

 イバラトミヨを救おうと、「魚命救助作戦」の当日には、太田南小学校6年生34人を始め、地元関係者、県、町、市民団体秋田淡水魚研究会メンバーなど町内外から約100人が参加。
 また、県立大学短期大学部農業工学科農村計画学研究室の学生が指導に当たった。
 水路にはいる前にイバラトミヨの生態や捕獲方法について、県立大学短期大学部農業工学科の神宮字寛先生が説明。
 真剣な表情ではなしをきく子どもたち。魚取りは初めてという子どもも多い。
 さあ、捕獲開始!思っていた以上の湧水の冷たさにびっくりしながらも、おそるおそる網を水草の中に沈めていく。  夢中になって水にはいる女の子。こわごわのぞく男の子。まったくもってたくましいあきたおばこたちである。
 子どもよりも夢中になる大人も続出。
 小さいころの思い出が鮮やかによみがえってるのだろうか。
 捕まえたイバラトミヨをお互いに見せあっこ。
「こっちの方が大きいよ」
「こっちだってすごいよ」
 農村でさえ地域のコミュニティの崩壊が心配されている昨今。子どもから大人までもが一緒になってイバラトミヨを追いかけ回るこのような機会を通じて、今後の農村の地域のあり方についても考えていかねばなるまい。  やっと捕まえたイバラトミヨを県立大のおねぇさんに見せる。
 県立大の学生たちは5班に分かれた子どもたちの各班長として活躍。彼ら彼女らもまた、未来の秋田を考えていく、大切な人財だ。
「ちょっと疲れたねぇ」
「ほんとほんと」
 子どもたちはいつしか長靴さえもじゃまになり、素足で水につかっていた。
 みんなで捕獲したイバラトミヨを持ち寄った結果、最終的には247匹の捕獲に成功。
「27たす34は・・・」
 日頃の勉強もまた、大事である。
 イバラトミヨを挟んで固い握手を交わす県の担当者と県立大神宮字先生。
 捕獲されたイバラトミヨは体長やオス、メスを判別した後、近くの別の湧水性の水路へ一旦放流される。
 今後、イバラトミヨは圃場整備の終わる秋までの間、工事の影響を受けない上流部の水路を仮の住まいとして過ごす事となる。
 今回イバラトミヨが保護された水路は、圃場整備で改修されるが、標準のコンクリート三面舗装の水路では無く、湧水がしみだし水草の繁茂も可能で、流れに多様性を持たせた石積みの水路が検討されている。
 圃場整備後も沢山の魚や虫や植物に溢れた水田環境が保たれることを願いたい。


イバラトミヨについての雑学

 トゲウオ目トゲウオ科トミヨ属のイバラトミヨ(学名:Pungitius pungitius)は、全国では北海道、青森、秋田、山形、新潟に見られるが、中でも秋田県の雄物川水系を中心に生息する「イバラトミヨ雄物型」は環境庁や県などが絶滅危惧種に指定している。(写真は平鹿町教育委員会提供)

 そもそもトゲウオ目トゲウオ科に属するイトヨ属、トミヨ属の小魚達は地域による種類の差こそあれ、中部以北の河川や海を中心によく見られていたが、近年の水質の悪化に伴い、多くが減少への道をたどっている。
 特に、兵庫県と京都市下京区にだけ住んでいたミナミトミヨは1960年代に絶滅したといわれており、全国でその仲間達の保護活動が盛んになってきている。

 なお、イバラトミヨの仲間やその生態については、石川県の藤木克彦さんによるはりんこのホームページが詳しい。

トゲウオ目 トゲウオ科 イトヨ属 トゲウオ目 トゲウオ科 トミヨ属
 イトヨ陸封型
 イトヨ降海型
 ハリヨ
 
 エゾトミヨ
 トミヨ
 ミナミトミヨ 【絶滅】
 イバラトミヨ汽水型
 イバラトミヨ雄物型
 イバラトミヨ淡水型
 ムサシトミヨ

関連ページ 
はりざっこみっけた ハリザッコを救え@ ハリザッコを救えA 
しずの学校1 しずの学校2 出張授業 イバラトミヨと暮らす

Designed and Shreaded by Tami Izumitani