雄平東部地区広域営農団地農道整備事業

雄平フルーツライン


平鹿〜雄勝を結ぶ「雄平フルーツライン」が開通!!



 雄平フルーツラインとは、横手市・平鹿町・増田町・稲川町の4市町村を結ぶ広域農道です。その名のとおり、沿道には地域の特産となるリンゴ畑が広がり、桜の花が散り始める5月初旬〜中旬に真っ白い小さな花が雪のように咲き、幻想的な世界を楽しむことが出来ます。また、秋には赤黄色のリンゴが枝を折らんばかりにたわわに実り、農家の人達が収穫にいそしむ牧歌的な風景が広がります。
 雄平フルーツラインにはまぐら、防山の2つのトンネルがあり、防山トンネルを抜けてすぐ左側はポケットパークとなっていて、そのスペースに開通を記念しモニュメントを平成13年度に建立しました。そのモニュメントは平鹿郡側からは雄勝の頭文字「O」に見え、逆方向からは平鹿の頭文字「H」に見えるデザインとなっています。高さ2m、幅と奥行きはともに1.5m。灰色がかった黒御影石製で、重さは約8t。土台の4隅には、色違いの4つの球を配しています。
 球は沿線4つの市町と、それぞれで栽培されているリンゴやサクランボ、ブドウ、モモなどのフルーツを表現しています。
 小高い場所にあり、見晴らしもよいので、ドライブの小休憩に適しています。
 
どうか一度訪れてみて下さい。



・フルーツラインの概要


・位置マップ



取材・編集
平鹿総合農林事務所土地改良課
整備第1班  渡部 紘宣