「美しき水の郷あきた」のホームページ「心の原風景INあきた」の編集にご協力いただいた大野源二郎さんの写真集「土恋いのうた」が2001年2月28日に発売されます。
秋田さきがけ 2001.2.27

 秋田魁新報社は、写真集「土恋いのうた」=写真=を二十八日から発売します。伝統的な農法が機械化の荒波にのみ込まれつつあった昭和三十〜四十年代に焦点を当て、むらと農民の生き生きした姿をつづりました。著者は県写真協会顧問で県美術展運営委員の大野源二郎さん(大曲市)。

 読者は作品の一点一点に、土に生きる人々への愛と慈しみを感じることでしょう。

 「春・耕作の始まり」「夏・農村の休日」「秋・収穫のうた」「冬・反省と祈り」の四章のほか、農家の娘が隣村に嫁ぎ母親になるまでを追った「農婦誕生」の特別章を設け、貧しいながらもたくましく生きる農民と子供たちを、温かいまなざしでとらえています。

 ▽体裁 B5判百十三ページ、モノクロ、上製
 ▽定価本体価格二千二百円十消費税
 お求めは県内各書店、さきがけ販売店、本社出版部と各支社、総・支局へ。