食文化MENU



紅白のひしもち…3月3日、桃の節句は、紅白のひしもち、甘酒、あられなどを供えてお雛様を祭る。昔はお雛様を飾るのは限られた家だった。普通の家では折びなや自分の着物を縫って着せた人形を飾った。 アラレは、ひな祭りから夏まで保存できるおやつとしてたくさん作った。かつては、丸い形をした金網で膨らませた。
写真はゴマ煎りを使って炭火で煎ったもの。 春彼岸のお供え・だんし‥彼岸には、先祖の霊に花やだんごや餅を供える習わしがある。
おやき…もち米を練り、これを皮にして中にアンを包み、両面を焼いたもの。春の彼岸のお供えや子供たちのおやつとして人気がある。 そばおやき…そば粉だけではかたくなるので、そば粉ともち米の粉を1対2の割合で混ぜ合わせてこね、アンを包んで焼いたもの。
じんだ入りきゃの汁…きゃの汁は、かゆ汁が訛ったもので栄養豊富な昔ながらの料理。森吉町周辺では、山菜、根菜、きのこ類、厚あげなどを入れて煮込む。 きゃの汁に入れるじんだ(大豆)は、大豆を潰してから丸めて焼いたものを使う。
端午の節句のお供え・笹巻き…旧暦5月5日は、もち米を笹の葉に包んで煮た笹巻きを作って食べ、屋根や軒端に菖蒲をさし、菖蒲湯をたてて入浴した。 秋田県でいう笹巻きは、ちまきの一種。ちまきは中国から伝来したもので、端午の節句に邪気を払うために供えるようになったとの起源説が故事に記されている。
もち米を笹の葉で巻いてゆでるという古い時代からの作り方は、秋田・山形・新潟など日本海側に面した米作地帯に伝わっている。

 食文化MENU