食文化MENU



 河川に生息する魚で古くから食用とされてきたのは、鮎、イワナ、ヤマメ、サクラマス、カジカ、ウグイ、八つ目ウナギ、サワガニなどである。平地の田んぼや堰、沼に生息する魚では、ドジョウ、コイ、フナ、ナマズ、ワカサギなどを食用とした。

あゆの刺身…スマートな容姿と淡白な品のいい味から、川魚の女王と呼ばれている鮎。秋に卵から孵化した鮎の仔魚は、流されるように川を下り、河口付近の海で育ち、春になると再び群れをなして故郷に川に戻ってくる。 あゆの田楽
あゆの甘露煮 あゆずし
あゆのうるかとたたき…うるかは鮎の塩辛のこと。心臓と肝臓を取り除いた内臓を塩とよく混ぜ合わせ、壷やビンに入れて密封し、1年ぐらい保存したものが食べごろである。たたきは、内臓を取り除いた身と骨を、魚包丁でたたいて細かくしてから、ノビル味噌又はにんにく味噌を混ぜ合わせたもの。 イワナの塩焼き…淡水魚の中で最上流部の清流に棲むのがイワナ。秋田県は、今なおイワナの宝庫として知られている河川が多い。それは、秋田の自然が豊かな証でもある。
ヤマメの塩焼き…イワナより下流に棲むヤマメ。春に海に下るより大型のものは、サクラマスと呼ばれている。 カジカの空揚げ…清流の玉石の多いところに棲んでいる。小さな魚だが、美味なことで知られ、空揚げにすると骨まで火がとおり、丸ごと食べられる。
じゃこのくらこあえ…昔は冬の寒の頃になると、氷の張った川に穴を掘り、そこから川の中に雪を入れてかき回し、動きが鈍くなった魚が川面にあがってくるところを捕まえる。こうして捕れたじゃこ(雑魚)を、にんにく味噌や玉ひろこ味噌であえた郷土料理。 県北ではじゃこ、県南ではざっこと呼ばれているウグイ。
ふなたたきの味噌汁…小ぶなを骨がなくなるまで叩き、すり潰したものを「つみれ」にして味噌汁に入れて食べる昔ながらの料理。カルシウム源の骨が丸ごと食べられるところに、昔の人の知恵が生きている。 小ふな

 食文化MENU