食文化MENU



 餅は、普段の日に食べるものではなく、神祭りや年中行事、人生儀礼など特別の日に神仏に供える供物としての役割をもつ食べ物である。それだけに人々の暮らしと密接に結びついており、昔は何かにつけて餅を供え、また食べたものである。

ふかしたもち米を、突き臼でついて作る白い餅は、昔も今も一番の晴れ食であり、最高のご馳走だ。 切り餅…つきあげた餅を平たくしたのし餅を、四角に切ったのが切り餅できな粉やアンを付けて食べるほか、雑煮にしたり、よもぎ、小豆、黒豆などを入れて混ぜ餅として食べる。
干し餅…切り餅をワラで編み、水にひたしてから屋外に吊るして凍らせ、乾燥させた干し餅は、米を使った日常の保存食として、昔から春の田植え時の間食や子供のおやつとして大変喜ばれた。素朴で郷土色豊かな自然食品として、次の世代に伝えていきたい食べ物である。 しとぎ餅…しとぎは、神前にお供えするタマゴ形の餅のことを言う。水で軟らかくしたうるち米を粉たたき用の臼でついて粉にし、それを水でこねて、丸めただけの、言わば餅の原型と言ってもよいものである。
三杯餅…小豆こしあん、餅米粉、うるち米粉の3種類の材料を等分量に混ぜ合わせてつくるので、この名が付いたと言われる。学校行事、村祭りの重箱用や来客用など一年を通して供される独特の餅。 すまし餅
ごまもち いがもち…小豆あんを入れて包んだ皮の上に、赤、黄、緑などで素朴な色づけをした「いがもち」は、お葬式の時、亡くなった人の家に持っていく。各自がそれぞれ30個ずつ持ち寄る習わしになっている。
しんこ餅とよもぎ餅 大福餅(草餅)
三色だんご…昔はもち米が十分な収穫がなかったため、うるち米を代用した「しとね餅」を多く作った。

 食文化MENU