食文化MENU 比内地鶏人気は全国区

 比内地鶏は、薩摩地鶏、名古屋コーチンと並ぶ日本三大美味鶏の一つとして全国に知られている。
 比内鶏は古くから秋田県の県北周辺で飼育されている。肉の味に優れ、脂肪が比較的少なく、ヤマドリに似て淡白で美味なことから、藩政時代は年貢として納めていたほどである。
 比内鶏は、純粋な日本地鶏でもあり、学術的に価値が高く、昭和17年、国の天然記念物に指定されたことから、比内鶏を育種選抜して作出した「秋田比内鶏」の雄とロード種の雌を交配して生まれた鶏を「比内地鶏」として食肉用に生産、特に秋田の味覚を代表する「きりたんぽ鍋」に欠かせない材料である。
国の天然記念物・比内鶏 「比内地鶏」は全国的にも「きりたんぼ」と並び知名度は抜群である。昔から比内地鶏が美味しいと言われる秘密は、水と環境、つまり秋田県の自然と風土が鶏の成育に適しているからであろうか。
比内地鶏飼育の特徴は、平飼い又は放し飼い等で配合飼料に加えて野菜や野草、虫なども食べて、こまめな世話により長期間じっくりと伸び伸び飼育されていることなどです。 きりたんぽの食材に使われる比内地鶏…余分な脂肪がなく、適度な歯応えと風味を持ち、噛みしめるほどにコクと香りを楽しむことができる。
秋田を代表する郷土料理、きりたんぽに欠かせない食材、それが比内地鶏である。 比内地鶏を使ったチキングルメ…上から「竹の子挟み焼き」「笹身大根醤油じめ」「とりの焼霜」「笹身ゆば巻き」
笹身わさび揚げ…笹身の芯にワサビと根ミツバを入れ、海苔で包み揚げにした香ばしい料理。 明太揚げ…比内地鶏の笹身に明太子を入れ、薄衣に包んで揚げる。カラッとした衣とピリッとした辛さが肉の美味さを引き立てる。
比内地鶏のしゃぶしゃぶ 比内地鶏ステーキ…もも肉に塩・コショウをしてフライパンで両面を焼く。酒を少々加え、ソース・ケチャップ・醤油で好みの味をつける。シシトウを入れ、レモンとバターを添えて食べる。
鶏かつ丼 山菜吉野煮…マイタケやシイタケ、その他の山菜とともに比内地鶏を煮たものに、タラの芽、コゴミなどを散らして片栗粉で仕上げた煮物。
左が砂肝粘漬け、右が胸肉のステーキ 比内地鶏加工品・・・比内地鶏のだしを使ったスープや比内地鶏がゆ、比内地鶏燻製

 食文化MENU 比内地鶏人気は全国区