田沢疏水は語る 国営田沢疏水 第二田沢開拓 仙北平野 甦る田沢疏水
玉川毒水 田沢疏水と開拓T 田沢疏水と開拓U


昭和12年〜37年

 昭和13年7月5日、田沢疏水開墾国営事業起工式が千屋村(現美郷町)において盛大に挙行された。
 写真は、千屋村(現美郷町)の起工式アーチ。
 式場は開墾予定地区を眼下に一望できる一丈木公園を予定していたが、当日あいにくの梅雨にみまわれ、やむなく千屋小学校雨天体操場に変更した。
左:ムシロの上に土を盛り、起工鍬入れ式が行われた。右:起工式を祝う当時のアトラクション。

 起工式には総勢360名が出席、うち地元関係組合の出席者は219名に及び、当日地元民を代表して戸沢県議の祝辞「・・・地元民たるもの実に涙なきを得んや」と述べるなど、いかに地元民が田沢疏水の着工を熱望していたかを知ることが出来る。

 

昭和16年6月5日 田沢疏水開墾国営工事視察、岸農政局長一行

水路のトンネル(隧道)貫通・・・技術者にとって難工事の完成は、最高の瞬間である。

 前郷隧道の作業状況。第一線に将兵を送り出した後では、男手がなくなり、建設工事にも多くの女性が重労働を強いられた。
 昭和18年8月18日付けの秋田魁新報には、次のように記されている。
 「・・・耕すべき寸土を持たぬ人々を招き新農村を建設するために、4年前から営々として働いているのがオパコ十七仙北の花だ。・・・日がな一日真っ暗なトンネルに潜って水浸しとなりながら、せっせと岩石を支える柱を掃除する彼女らの手は赤く、一枚40貫もするコンクリートブロックを張る肩は頼もしい。やがてその苦心は報いられ、2,500町歩にかんがいする大幹線水路に満々たる清水を湛える日もそう遠くないことだろう。…頬冠りの中からニッコリ微笑む彼女たちの笑くぼには“仙北米“の大増産の秋が約束されている」

 しかし、度重なる戦争の影響を受け工事は一時中止、大幅な工期延長を余儀なくされた。
玉川・砂利採取・・・コンクリートの骨材を採取するために、砂と砂利を選別しているところ。 木工沈床・・・水の流れに底が洗掘されないよう、木で枠を組み、そこに石を入れて川床を固める。
六郷地区幹線水路工事・・・編み笠をかぶり、背中にケラを着ている。当時の仙北地方の民俗が偲ばれる。
「…開墾だけをしていては収入がなくて食べていけない。土方に行って食いぶちを稼いでくる。その合間を見て開墾する。その繰り返しであった。」と開拓者は語る。
水路の石積み工事。女性たちは、開拓はもちろん、田沢疏水の工事でも大活躍した。

終戦後、田沢疏水開墾は、米増産政策、戦時中の強制疎開、海外引揚者、復員者、二・三男の就業対策と国土開発の一環として、時代の脚光を浴び、昭和22年、夢は現実に向かって急速に進展した。

冬は、工事を始める前に人力で雪寄せを行った。冬の工事は、まさに凍てつく雪との戦いでもあった。 「ザル田」と呼ばれるほど、漏水が激しく、機械で床締め作業をしているところ。
開田と漏水・・・開拓当初は、耕された土の下に水を通しにくい不透層が形成されず、水を食う。開拓当初、人力開田では、長い年月をかけて踏み固め、鉱物などの沈殿を待つしかなかったが、作業は大幅に改善された。

完成した幹線水路(現大仙市太田町)

「県道を横断する新幹線水路工事が行われ、地区の人たち全員が出て、夜人通りの少なくなる頃、大焚火をして灯としながら突貫工事で、ヒューム管入れをしたのは忘れることのできない思い出です。…いよいよ水が来た時は水路の底を這うように舐めるように、濁水が分水を右に左に別れながら各家の農地めがけて流れ込むのを、先になり後になりしてついて走り廻った。」(昭和21年入植 鈴木光一)

昭和12年に着工された田沢疏水開拓建設事業は、26年間という長い歳月と10億円余りの巨費を投じて完成。昭和37年9月18日、県立角館高校体育館において盛大な式典と祝賀会が催された。

「 第二次大戦の時局は、食糧増産を至上命令とし、ついで自立農家育成(増反)、二・三男対策(入植)と、未墾地を強制買収して3,000haの開拓事業は始められた。しかも水利を伴う大開田事業である。

終戦後は戦時中の強制疎開、海外引揚者、復員者の就業対策と国土開発が加味されて本事業はいよいよ時代の脚光を浴びて推進され、そして成功した」(鈴木孝治)
完工式で行われた神事風景。
第一暁開拓記念碑には「入植した現地は原野で、それこそ文字どおり鍬と鎌だけの力に頼り、一鍬ずつ石ころの荒野を骨を削るようにして掘り起こし、入植当初は野営にも似た粗悪な環境のなかに営々と刻苦勉励、開拓の鍬をふるった・・・」。そんな苦難の連続だった開拓者たちにとって、田沢疏水開拓建設工事の完成は、目頭を熱くする思いで迎え、みんな感謝の気持ちで一杯だった。

田沢疏水は語る 国営田沢疏水 第二田沢開拓 仙北平野 甦る田沢疏水
玉川毒水 田沢疏水と開拓T 田沢疏水と開拓U