田沢疏水は語る 国営田沢疏水 第二田沢開拓 仙北平野 甦る田沢疏水
玉川毒水 田沢疏水と開拓T 田沢疏水と開拓U



(昭和38年〜44年)


国営第2田沢開拓建設事業起工式

昭和38年、第2田沢開拓建設事業がスタート。神代調整池の左岸から取水し、田沢疏水の受益池より更に一段高い地帯にある未墾地、角館町(現仙北市)をはじめとする1,081haの開発に着手した。

斉内川を横断する水路橋の工事 開墾された田んぼで田植え
豊穣の大地 収穫の秋


記念碑(一丈木公園)第2田沢千畑地区
国営第二田沢開拓建設事業記念碑の碑文
「・・・この取水口より毎秒3立方mの清流が取水され、7,500mの幹線隧道により、玉川渓流沿いに下り、杉の沢より開渠となって1,081haの地区に導水かんがいされるものである。

この碑の湾曲は拓け行く扇状地帯である仙北平野を示し、周囲の白砂は水源である田沢湖を意味し、これにより美田化された第二田沢地区のほ場が台として表現されている。周囲の風景に調和した碑全体の姿は、開拓パイロット事業の輝かしい将来と永遠の平和を象徴している。 (秋田県第二田沢土地改良区)」

田沢疏水は語る 国営田沢疏水 第二田沢開拓 仙北平野 甦る田沢疏水
玉川毒水 田沢疏水と開拓T 田沢疏水と開拓U