秋田県仙北郡六郷町の紹介

清水と森の里
六郷町
 


 六郷町は、北日本を代表する「清水の里」として知られている。昭和60年には、六郷の湧水群が当時の環境庁が制定した「名水百選」に選ばれた。また、六郷町は外から見ると町の様子がわからないほどたくさんの樹木がおい茂げり、樹齢二百年、三百年という大木が町のいたるところで見ることが出来る。平成7年には「七滝水源かん養保安林」が「水源の森百選」に認定され、名実ともに「清水と森の里」と呼ばれている。そして、町では「水」「緑」に満ちた美しいまちづくりのため、水辺・緑地空間の保全、整備に積極的に取り組んでいる。

 
六郷町地図
●清水の里
清水 清水の西瓜
郷町の人たちにとって、清水はとても身近な存在。
「名水百選」に選ばれたのは、水辺環境のよさだけではなく、地域住民の清水にそそぐ愛情が高く評価された結果である。そして、六郷町の人たちが、長い間飲み水や農業用水に利用してきた清水に感謝をささげるかのように、清水のひとつひとつに名前がつけられている。

清水めぐり 名水百選 イバラトミヨ
町では、清水を紹介するパンフレットを何種類か作成している。左は六郷町散策ガイド、その名も「六郷清水めぐり」。どのパンフにも、わかりやすいマップがついているのがうれしい。
清水に生息するイバラトミヨ。通称「ハリザッコ」と呼ばれているこの魚は、きれいな湧水が流れる場所にしか生息しない。

      
イバラトミヨ関連は → こちらから
地下水涵養掲示板 地下水水位計
六郷町では、地下水の循環・再生・保全を考え、地下水位の変化、湧水量、水質などの調査を町内十数カ所で実施している。
左は地下水位の電光表示板。


涵養池 流量計測
 町では、秋田大学の協力を得、地下水涵養の促進に取り組んでいる。町内4カ所に造成された涵養池では、水田灌漑期を除く通年で人工涵養を行っている。
 写真は「紀ノ国涵養池」の全景と涵養量測定のための流量計。
 (6月に撮影したため、池には水が溜められていない)

円形オリフィス 円形オリフィス2
昭和13年に造られた、円筒型サイフォン式分水工。
分水槽にある180のオリフィス(孔)から、受益面積を基礎に、六郷町、千畑町、仙南村の3町村の877haの水田にかかる7堰に正確に分水されている。
円形分水のある一画は、「関田農村公園」としてきれいに整備されている。


                                 七滝用水については →  こちらから
地下水学会 地下水学会発表
2001年には、日本地下水学会講演会が六郷町公民館で行われた。講演会では「地下水と湧水を守る」と題したシンポジウムが行われ、六郷町の水対策の取り組みやイバラトミヨの保全活動なども紹介された。

21創造運動 イバラトミヨ水槽
六郷中学校科学部は、イバラトミヨを「清水の健全度をはかるバロメーター」と位置づけ、平成11年度からイバラトミヨの飼育・研究に取り組んでいる。今年3月にはその研究成果が評価され、大阪府等で開催された世界水フォーラムで研究記録を発表している。
左の写真は、仙北土地改良協会総会の「21世紀創造運動特別講演」で発表する六郷中科学部

右の写真は、六郷中学校構内に設置された、イバラトミヨの飼育用の水槽

                            六郷中科学部の紹介は  →
こちらから
●森の里
展望 水環境六郷
 潟尻第2ため池周辺の町民の森は、平成4年〜7年に水環境整備事業により整備された。
 ため池周辺の恵まれた自然環境を活用した水辺・緑地空間として、水車付きの親水水路、あずまや、親水護岸などが整備されている。「水」と「緑」を体一杯満喫できる。

あらしな公園 あらしなアスレチック
あらしな公園。
公園の小高い山の上にたどり着くと周辺の森や沢沿いの田んぼなどの自然が公園とまるごと一体となっている感じがする。
十種類以上あるアスレチックコースは子供も大人も楽しめる。
遊歩道をのんびり歩き森林浴を満喫するのもいいかも。

大銀杏 「六郷の町は森の中にある」と言われるほど、町中にたくさんの樹木がおい茂っている。佐竹義重公の家老渋江内膳政光が、清水とそれを包む樹木をたくみに生かして整然とした町並みをつくりだしたとのこと。
右は、「浄光寺の大銀杏」
木の下は子供たちの遊び場にもなっている。
槻の木

一里塚の槻の木(樹齢約350年)
●スポット・祭り
町屋絵図 湧子ちゃん
「六郷之町屋絵図」と称した観光用パンフレット。裏は「清水散策絵図」「秋田・六郷 町巡り絵図」が描かれている。商店街、お寺、清水などがアンティークな手書きで表示されていて、観光客にはそのままお土産になりそうな一品である。
ニテコ清水の裏手に建てられた、手づくり工房「湧子ちゃん」。
六郷町産の野菜や漬物の販売と加工品の製造工場が一体となった複合販売施設。ここで売られているできたての「おからドーナツ」は美味である。
学遊館 あったか山
六郷町学友館。
中央公園の中のしゃれた洋風の建物。民俗資料館と図書館を兼ね備えている。

東根にある六郷温泉「あったか山」。周辺の自然を満喫しながら心も体もリフレッシュできる。温泉に隣接して農産物直売所やコテージもある。
グランドゴルフ場 釣り堀
あったか山の近接にある、グラウンドゴルフ場。コースの真ん中ほどに、親水水路が流れているのが、六郷町ならではといった感じだ。

グラウンドゴルフ場のとなりにある釣堀。休日になると家族連れでにぎわう。釣った魚はその場で炭焼きにして食べることもできる。
竹うち かけ唄大会
国指定重要無形民俗文化財である小正月行事「六郷かまくら」の最終日に行われる「竹うち」。
町を南北に二分して行われ、松ニオの火が夜空に燃え上がるなか、三千本もの竹が打ち交わされる勇壮なお祭り。北軍が勝てば豊作、南軍が勝てば米の値が上がるといわれている。

六郷のかまくら : 2/11〜2/15
(竹うち:2/15  諏訪神社前のかまくら畑)

全県かけ唄大会
日本最古の歌謡とされる「歌垣(うたがき)」の名ごりをひいているといわれる歴史ある行事。二人一組で仙北荷方節による即興詩のかけあいが一晩中続く。


8/23夜〜8/24朝 熊野神社境内

六郷町役場ホームページへ


取材・編集:秋田県仙北地域振興局農林部 農村整備課 
TEL 0187-63-6116

美しき水の郷秋田のトップページへ