秋田県は、北海道、青森県、岩手県と共同で
      縄文遺跡群の世界遺産登録をめざしています



大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき) 約4,000年前〜約3,500年前
鹿角市 1956年 国指定特別史跡

  大湯環状列石は1931年に発見され、1956年には特別史跡に指定されました。万座と野中堂の二
 つの環状列石からなる遺跡です。環状列石の直径は、万座が約52メートル、野中堂が約44メートルに
 もなります。
  いずれも十数個の川原石を円形や、だ円形に並べた配石遺構を二重の円形に配置したものです。日時計
 状組石と呼ばれる配石がいくつもあり、それらが集まって大きな環状列石をつくっています。それぞれの
 配石の下には墓があり、大規模な共同墓地となっています。環状列石に使用されている緑色の石は7200
 個以上にも及び、約7キロ離れた安久谷川から運び込まれたことがわかっています。



  それぞれの環状列石の中心から見て北西側に、独立した日時計状組石があります。2つの環状列石の中
 心と、それぞれの独立した日時計状組石は、一直線に並んでいます。この方向は、夏至の日没の方向を指
 しており、季節による日の出・日の入りの方向を意識して環状列石の配置を決めていたことがわかってい
 ます。遺跡に立ち、周りを見わたすと、ほどよい距離に山並みが見えます。環状列石が作られた場所は、
  周囲の山と強い関係があると考えられています。また、土偶、キノコ形や動物形の土製品、石刀などの
 石製品といったマツリに関係するとみられる道具がたくさん見つかっています。子孫繁栄や豊作を祈り、
 感謝するマツリに使われたと考えられます。



  約4000年前ごろから、大規模なムラは、小さなムラへと分かれていきます。それぞれのムラを代表
 する村長や英雄が埋葬され、その周りでは恵みを与えてくれる自然に対し、祈りとマツリが行われていた
 と考えられています。家族や親類の人々が、その絆を強める為に、何世代にもわたり、長い時間をかけて
 大土木工事を共同で行ったのではないでしょうか。






伊勢堂岱遺跡について