■セカンドスクール的利用 申し込み用紙■→( 一太郎形式 ・ Word形式 )

埋蔵文化財センターへ
展示室見学
土器に触れる体験
石器づくり体験

埋蔵文化財センターでは、以下のようなメニューを用意しております。
ご希望に合わせたアレンジもできますので、お気軽にご相談ください。
※セカンドスクール活動例(センター利用)はこちら
 
対応課所センターは大仙市払田・中央班は秋田市新屋栗田にあります。 
メニュー 所要時間
(目安)
主な内容 対応課所
展示室見学 約30〜45分 展示室に並んでいる土器や石器にじかに触れながら、秋田の歴史を学びます。 センター
中央班
整理作業見学 約15分 発掘調査で見つかった土器や石器をどのように整理するのか、実際の作業の様子を見学します。 センター
中央班
収蔵庫見学  約15分 土器や石器等の出土品の保管整理状況を見学します。 センター
中央班
土器・石器体験 約45分〜 本物の土器や石器に触れ、その特徴や用途について学ぶ体験。 センター
石器づくり 約60分〜 旧石器・縄文時代と同じ道具・石材を使い、石器を製作します。(20人まで) センター
文様染め  約15分 縄文文様を布に染めてコースタ−をつくります。 センター
土器接合体験 約20分 オリジナル接合セットを使い、土器の復元が体験できます。 センター

埋蔵文化財センターへの行き方はこちら

発掘調査中の遺跡へ

 実際に発掘調査を行っている遺跡で、昔の人々の生活の跡を見てみませんか。
 現在、発掘調査が行われている遺跡の情報については、発掘調査情報をご覧下さい。

   お問い合わせは、資料管理活用班(Tel:0187-69-3331)まで。
メニュー 内容
発掘作業体験
(インターンシップ ・ボランティア活動 ・職場体験等で)
実際に、シャベルなどを使っての発掘作業を体験します。

!注意!
各遺跡の作業環境や調査の状況など、条件によっては体験できない場合もあります。
発掘調査中の
遺跡の見学
実際に発掘調査を行っている遺跡で、発掘調査の方法を学んだり、調査で分かった遺跡の内容などを、調査員が直接、分かりやすく解説します。


ご利用・お申し込み方法

 まず、埋蔵文化財センターへ電話でお問い合わせください。ご利用を希望される日時やその内容について、スケジュール調整をいたします。

 その上でページ下にあります申し込み用紙に記入し、FAXにてお申し込みくさい。
■秋田県埋蔵文化財センター資料管理活用班■
Tel:0187-69-3331 Fax:0187-69-3330

■セカンドスクール的利用 申し込み用紙■
( 一太郎形式 ・ Word形式 )
一太郎形式は右クリックし、「対象をファイルに保存」してからご使用ください。



前に戻る

TOPへ