展覧会について


特別展
没後130年 平福穗庵展



平福穗庵展

平福穗庵は角館出身の画家で、平福百穗の父としても知られています。円山四条派の技法を基礎に、京都・北海道・東京と移動しながら制作を続けました。
本展では当館所蔵品を中心に、県内所蔵家の新出品作品も展示し、穗庵の画業と人物像をご紹介します。


開催期間
令和元年11月16日(土)~令和2年2月2日(日)
 休場日:12月16日(展示替えのため)
 休館日:12月29~31日、1月14日~23日

作品一覧はこちら(PDF)

図録の販売についてはこちら



 

 ※レスポンシブデザインに対応したため、インターネット・エクスプローラーの場合はVer.9以上でご覧ください。
  
  

   

  
名誉館長 2016年1/11最終更新
おしゃべり名誉館長