画像01 画像01 画像01 画像01 画像01 画像01 画像01 画像01
  

美術館の基本理念



 1994年、秋田ふるさと村内にオープンした秋田県立近代美術館は、江戸時代中・後期に秋田藩主や家臣がさかんに描いていた洋風画「秋田蘭画」を始め、近代以降のすぐれた美術作品を収集・展示しています。
 秋田ゆかりの作家の作品によるコレクション展、多彩な美術を紹介する特別展などの開催、国内外の作家による彫刻の展示に加えて、鮮明な画像で世界の名作や館蔵作品を紹介するハイビジョンギャラリーもあります。
 その他誰もが気軽に利用できる美術館を目指し、美術館講座、各種美術教室などの事業を積極的に行っています。


↑秋田蘭画の代表作・小田野直武作「不忍池図」
 

↑展覧会での学校による鑑賞活動の様子