画像01 画像01 画像01 画像01 画像01 画像01 画像01 画像01

野外彫刻③(彫刻の小道)


 

25.カルメン
堀口泰造

(ほりぐち・たいぞう)
1970年 H.162cm

ほとばしる情熱と躍動感が、官能的な異国情緒をかきたてます。セルバンデスの作品を題材にしたスペインシリーズの一つです。

26.ローマの公園
淀井敏夫

(よどい・としお)
1976年 H.120cm

朽ちかけたベンチに腰掛ける二人の女。詩情豊かに表現された物静かな光景。独特なフォルムとごつごつした質感が、深い陰影を与えています。

27.祈念童子・祈念童女
千葉精一

(ちば・せいいち)
1985・1986年 H.120cm

小さな手を合わせひたむきに祈る童子と童女。ほのぼのとした姿のなかに作者の真摯な思いが込められています。

28.シャツブラウス
笹戸千津子

(ささど・ちづこ)
1990年 H.122cm

木々に囲まれて腰をおろす若い女。繊細でなめらかなモデリングによって清楚な女性美があらわれています。

 

29.憩えるマンド-ラ
工藤健

(くどう・たけし)
1991年 H.115cm

優しくマンドリンを抱える女。明快で軽やかなリズムを奏でるマンドリンの音のように、彫刻要素が響き合い、快いハーモニーを奏でています。

30.にけ
岩野勇雄三

(いわの・ゆうぞう)
1986年 H.174.5cm

若々しく均整のとれた姿に、作者はギリシャ神話の翼を広げて立つ女神ニケをイメージしたのでしょうか。微妙な動勢が感じられます。

31.水浴
高田博厚

(たかた・ひろあつ)
1969年 H.132cm

水辺で静かに佇む女。その気品ある姿はボリュームと共に高い精神性が感じられます。

32.アドリアナ
チェリーナ,ドラゴ・マリン

1974年 H.185cm

自然と人間の創造性の調和。大胆なポーズの女性像は躍動する肉体美にあふれています。