【文献一覧】
1、奈良修介1977「室町時代以降の経塚」『秋田県史』考古編 秋田県 pp.440−447
2、奈良寿1977「鹿角の経塚」『歴史の中の鹿角』中巻 大館印刷所 pp.213−246
3、秋田県教育委員会1991『秋田県遺跡地図(県北版)』
4、安倍良行1987「神社と寺院」『鹿角市史』第2巻(下) 鹿角市 pp.418−419
5、秋田県教育委員会1985『歴史の道調査報告U 来満街道』秋田県文化財調査報告書第128集 p9
6、武田孝義1995「河戸川遺跡」『能代市史』資料編 考古 能代市 pp.889−892 
7、山本町教育委員会1991『山本町の石造物』p53
8、琴丘町教育委員会1978『宝竜前遺跡緊急発掘調査報告書』p24
9、草薙武雄1980『秋田市の石塔』 みしま書房 pp.27−28
10、雄和町史編纂委員会1976「旧蹟と館址」『雄和町史』 雄和町 pp.30−31
11、河辺町文化財保護審議会 2000『河辺町の文化財』第10集 河辺町教育委員会 p28
12、昭和町史編さん委員会1986「遺跡・遺物が語る郷土の中世」『昭和町誌』 昭和町 pp.159−160
13、奈良修介1959「秋田縣經塚地名表」『秋田考古学』第12号 秋田考古学協会奈良環之助 pp.11−13
14、泉明1998「椿」『男鹿半島 その自然・歴史・民俗』男鹿市教育委員会 p141
15、内田武志・宮本常一1973「おがのすずかぜ」『菅江真澄全集』第4巻 未来社 p228
16、鈴木初男1996『若美町の石造遺物』第3集 若美町教育委員会 p57
17、長山幹丸1994『石―伝説と信仰―』民俗選書4 秋田文化出版株式会社 pp.184−187
18、結柴宗雄ほか1996「文化財」『象潟町史』資料編U 象潟町 p902
19、本荘市2000「石造文化」『本荘市史』文化・民俗編 pp.220−221
20、子吉郷土史研究会1992「供養塔」『子吉の石碑・石仏』本荘市子吉公民館 pp85−100
21、秋田県由利町公民館1999『由利町史跡探訪』pp.15−16
22、武藤鉄城1957「矢島町經塚發掘報告」『秋田考古学』第7号 秋田考古学協会奈良環之助 pp.2−3
23、鳥海町史編纂委員会・鳥海町企画課1985『鳥海町史』 鳥海町 pp.1503−1504
24、今野沙貴子2006「茨城県水戸市井戸向経塚・淡島神社経塚―秋田県横手盆地の事例を参考に―」『博古研究』第32号 博古研究会 pp.15−28
25、由利町高齢大学研究部1977『由利町民俗誌―むかしをしのんで―』由利町 pp.8−9・127−128
26、秋田県教育委員会1987『歴史の道調査報告]Y 本荘街道』秋田県文化財調査報告書第159集 p10
27、山下孫継・茂木久栄1965「一字一石経塚」『湯沢市史』 秋田県湯沢市教育委員会 pp.177−178
28、秋田魁新報社出版部1997『心のふる里 秋田のお寺』 秋田魁新報社 p102・269・373・387・388・390
29、今野沙貴子2007「菅江真澄の記録した「塚」―横手盆地の事例を中心に―」『秋田県埋蔵文化財センター研究紀要』第21号 秋田県埋蔵文化財センター pp.70−74
30、稲川町教育委員会1984「宗教文化」『稲川町史』pp549−551
31、羽後町郷土史編纂委員会1966「塚」『羽後町郷土史』 羽後町教育委員会 pp.741−750
32、東成瀬村郷土誌編集委員会1991『東成瀬村郷土誌』 東成瀬村教育委員会 p515
33、内田武志・宮本常一1976「雪の出羽路 平鹿郡」『菅江真澄全集』第6巻 未来社 p76・388
34、伊沢慶治1984「埋経石」『横手郷土史資料』第58号 pp.87−88・口絵
35、横手市教育委員会1995『横手市内の民間信仰塔』文化財調査第1集 p42・写31
36、佐々木志朗1984「仏教的信仰によってつくられた石造物」『平鹿町史』 平鹿町 pp.1207−1209
37、秋田県教育委員会1987『歴史の道調査報告]] 手倉街道』秋田県文化財調査報告書第163集 p8
38、佐々木志朗1996「郷土の石碑」『十文字町史』十文字町 pp.1348−1349・1361−1362
39、今野沙貴子2006「島根経塚と開北経塚―近世礫石経塚の事例―」『秋田県埋蔵文化財センター研究紀要』第20号 秋田県埋蔵文化財センター pp.31−40
40、後藤金一郎1997「円福寺」『菅江真澄の道ガイド 仙北町』仙北町観光協会 pp.8−9
41、藤田秀司1989「中仙の塚」『中仙町史』文化編 中仙町 pp.328−337
42、西仙北町郷土史編纂委員会1995「近世」『西仙北町史』先史〜近世編 西仙北町 pp.888−889・895
43、三森英逸1978『仙北の歴史』三森印刷 p50
44、武藤鉄城1977「寺屋敷から経塚」『田沢湖町史』神代編 田沢湖町教育委員会 p62
45、今野沙貴子2005「大仙市鑓見内の礫石経塚二例」『秋田考古学』第49号 秋田考古学協会 pp.98−108
46、武藤鐵城1951「八津の環状石籬墳群」『考古学雑誌』37−4 pp.50−51
47、内田武志・宮本常一1979「月の出羽路 仙北郡一七・二三」『菅江真澄全集』第8巻 未来社 pp.25・213−214
48、仙南村村史編纂委員会1992「経塚」『仙南村郷土誌』 仙南村 pp.1124−1126
49、雄物川町郷土史編纂会1980「信仰と神社・寺院」『雄物川町郷土史』雄物川町役場 pp.904−905
50、柴田昭五郎2001「石碑」『大雄村史』 大雄村 p1172
51、十文字地方史研究会1989『十文字町の石造物』 十文字町教育委員会 pp.28−29
52、花館民俗資料保存会1994『古文書と碑に見る花館の歴史』 大曲市花館財産区 p130・163・171
53、今野沙貴子2005「大曲市内小友の礫石経塚」『秋田県埋蔵文化財センター研究紀要』第19号 秋田県埋蔵文化財センター pp.77−86
54、高橋学1996「秋田県出土の銭貨資料集成」『秋田県埋蔵文化財センター研究紀要』第11号 秋田県埋蔵文化財センター pp.23−74
55、了翁禅師研究会2002『了翁さんの物語』pp.18−19
56、中仙町郷土史編さん委員会1989「碑石信仰」『中仙町史』文化編 中仙町 p246
57、嵯峨勘左衛門1976「石名坂日蓮宝塔」『西仙北町郷土誌』近代篇 秋田県西仙北町役場 pp.831−832
58、大館市教育委員会1992『大館市の文化財』p37
59、佐藤房治・佐々木文雄・工藤金兵衛1977「高岩五輪台遺跡と経塚」『二ッ井町史』秋田県山本郡二ッ井町 pp.502−503
60、畠山孝夫1988「高岩山の遺物」『高岩山・七座山とその周辺』二ッ井町史稿18 二ッ井町教育委員会 pp.12−13
61、高橋学2003「峰浜村内林遺跡―中世初期の寺院・経塚?―」『中世出羽の諸様相』東北中世考古学会
62、小玉準1982『歌内遺跡』東北縦貫自動車道発掘調査報告書U 秋田県文化財調査報告書88集 秋田県教育委員会 p351・353
63、柳澤弘志2003『鹿角の歴史案内』安倍甲(無明舎出版) pp.135−136
64、奈良修介・豊島昴1967「経塚」『秋田県の考古学』吉川弘文館 pp.149−158
65、河辺町教育委員会・河辺町文化財保護審議会1987『河辺町の遺跡』河辺町教育委員会 pp.15−16
66、五城目町教育委員会1991『図版 五城目町の文化財』第20集総合版 p39・76 
67、磯村朝次郎1995「経塚とその遺物」『男鹿市史』上巻 男鹿市 pp.565−567
68、本荘市2000「文化財」『本荘市史』文化・民俗編 pp.402−403
69、船木義勝1996「資料紹介 銅製経筒―考古部門「天野源一コレクション展」から―」『博物館ニュース』106号 秋田県立博物館 p6
70、足立順司2000「北の廻国経筒」『静岡県考古学研究』32―大塚淑夫先生還暦記念号― 静岡県考古学会 pp.168−180
71、鈴木俊男2007「松岡経塚・貝沢拾三本塚」『横手市史』資料編 考古 横手市 pp.740−744・745−746
72、今野沙貴子2007「獺袋経塚・直坂経塚・観音寺経塚・一字山経塚」『横手市史』資料編 考古 横手市 pp.722・724・730−732・739
73、今野沙貴子・高橋学「老姥山経塚・閑居長根経塚群・七ツ森経塚群」2007『横手市史』資料編 考古 横手市 pp.723・725−729・733−738
74、秋田県教育委員会1987『秋田県遺跡地図(県南版)』
75、栗澤光男ほか2001『館堀城跡』県営ほ場整備事業(寺沢地区)に係る埋蔵文化財発掘調査報告書 秋田県文化財調査報告書第320集 秋田県教育委員会 p126・150
76、増田町郷土史編纂委員会1972「塚と碑」『増田町郷土史』増田町教育委員会
77、日野久1984「平鹿郡大森町劔花、鹿島神社出土の珠洲系陶器」『秋田考古学』第38号 pp.31−34
78、高橋忠彦1991『小出T遺跡』東北横断自動車道秋田線発掘調査報告書[ 秋田県教育委員会 pp.203−204
79、嵯峨勘左衛門1959「積石塚発見」『秋田考古学』13号 秋田考古学協会 pp.18−19
80、藤田秀司1989「中仙町の民間信仰碑」『太田町と周辺の民間信仰碑』太田町公民館 pp.34−37


秋田県経塚関連文献一覧
「秋田県経塚一覧表」はこちら