番号 遺跡名 所在地 墨書(●)、箆書(○)、刻書(Θ)、木簡、漆文 点数 時期・備考
1 一本杉遺跡 鹿角市花輪 (●)八万、寺、い 6 10c 1
(○)井 1
2 小平遺跡 鹿角市花輪 (●)日願カ、寺 5 9c〜10c 2
3 歌内遺跡 鹿角市花輪 (○)× 3 10c 3
4 案内V遺跡 鹿角市花輪 (○)大、十 3 10c 4
5 下乳牛遺跡 鹿角市花輪 (○) 1 9c 5
6 中花輪遺跡 鹿角市花輪 (○)〔絵画?、擦文土器か〕 1 10cか 6
7 上葛岡W遺跡 鹿角市花輪 (○)× 1 10c 7
8 神田遺跡 鹿角市十和田 (●)十万 1 9c〜10c 8
(○)大 1
9 堪忍沢遺跡 鹿角市花輪 (○)Ц 1 10c 9
10 太田谷地館 鹿角市花輪 (○)× 1 10c 10
11 用野目川向V遺跡 鹿角市花輪 (●) 1 10c 11
12 柴内館跡 鹿角市花輪 (○)× 3 10c 12
13 粕田遺跡 大館市花岡町 (●) 1 10c 13
14 山王台遺跡 大館市柄沢 (○)|| 1 10c 14
15 大館野遺跡 大館市白沢 (○) 10c 15
16 釈迦内中台T遺跡 大館市釈迦内 (●)井、刀、珎 15 10c 16
(○)一、十、川 8
17 狼穴V遺跡 大館市釈迦内 (○) 1 10c 152
18 谷地中館跡 大館市比内町谷地中 (○)十 2 10c 17
19 真館遺跡 大館市比内町 (○)|| 1 10c 18
20 胡桃館遺跡 北秋田市綴子 (●)寺 4 9c後〜10c初 19
木簡:玉作麻主・建部弘主、七月十六日自誦奉経 3 9c後〜10c初 20
21 伊勢堂岱遺跡 北秋田市脇神 (●)大 1 10c初 21
(○)十 6
22 法泉坊沢U遺跡 北秋田市脇神 (○)||、ト 3 10c 22
23 地蔵岱遺跡 北秋田市森吉 (○) 2 10c 151
24 中田面遺跡 八峰町峰浜板形 (●)万 3 9c中〜後 23
(○)× 1
25 湯ノ沢岱遺跡 八峰町峰浜水沢 (○)十 6 10c 24
26 大館遺跡 能代市田床内 (●)大 1 10c前 25
(○)× 2
27 鴨巣T・U遺跡 能代市田床内 (●)(=や≡状の記号か) 32 10c前〜中 26
(○)= 3
28 真壁地遺跡 能代市真壁地 (●)山 1 10c前 27
29 上の山U遺跡 能代市浅内 (●)川 1 10c 28
30 重兵衛台U遺跡 能代市板形 (●)大 1 10c 29
31 福田遺跡 能代市浅内 (●)大 1 10c 30
(○) 1
32 十二林遺跡 能代市浅内 (○)|||| 2 10c 31
33 小友V遺跡 能代市中沢 (●)十二 1 9c後 32
34 トドメキT遺跡 能代市向能代 (○)* 1 10c 33
35 南山ノ上遺跡 能代市外荒巻 (○) 1 10c 34
36 樋口遺跡 能代市扇田 (○)有、十、廿、是 11 10c前〜中 35
(●)金カ 1
37 ムサ岱遺跡 能代市浅内 (○)王、十/廿 2 10c 36
38 館の上遺跡 三種町鵜川 (●)杆 8 9c後 37
(○)○ 2
39 扇田谷地遺跡 三種町鵜川 (○) 1 10c 38
40 泉沢中台遺跡 三種町鹿渡 (○)十 1 9c 39
41 盤若台遺跡 三種町鹿渡 木簡:イロハニホヘトチリヌルヲ 2 13c前 40
42 小林遺跡 三種町鯉川 (○)× 2 10c 41
43 小谷地遺跡 男鹿市脇本富永 (●)主、雄、大、高、田、伴、仙、矢、十、秋田 168 9c中〜後 42
(○)× 3
木簡: 2 近世か
44 脇本城跡 男鹿市脇本 木簡: 〔塔婆・柿経〕 30 中世 43
45 脇本大倉遺跡 男鹿市脇本 (○) 1 9c〜10c 44
46 脇本石館遺跡 男鹿市脇本 (○) 1 9c〜10c 45
47 脇本遺跡 男鹿市脇本 木簡: 〔塔婆・人形〕地蔵菩薩、七月十四、女 4 15c〜16c 160
48 釜谷地遺跡 男鹿市(旧若美町) (○)伴 1 46
49 中角境U遺跡 男鹿市鵜木(旧若美町) (●) 9c 164
50 蒲沼遺跡 八郎潟町蒲沼 (●) 1 9c中〜後 47
51 石崎遺跡 五城目町大川 (●)七、上、午 4 9c 48
52 中谷地遺跡 五城目町大川谷地中 (●)井、大、エ、手、× 78 9c前〜中 49
(○)×、一 10
漆書:× 1
刻印:太〔木製曲物〕 2
漆文:人□一升・一人 1
53 北遺跡 五城目町野田 木簡: 〔呪符木簡〕急々如律令 1 13c 50
54 矢場崎窯跡B 五城目町矢場崎 (○)大 1 9c中〜後 51
55 下村遺跡 井川町北川尻 (●)有 2 9c 52
56 飛塚1遺跡 井川町坂本 (●)伴 1 9c 52
57 天神遺跡? 井川町天神? (●) 1 9c後 52
58 洲崎遺跡 井川町浜井川 (●)三 1 近世 53
(○)一 1 9c後
木簡:〔闘茶札〕 12 中世
59 西野遺跡 潟上市昭和豊川山田 (●)本 1 9c 54
60 毘沙門遺跡 潟上市昭和豊川龍毛 (●)□(曳のような字形) 1 9c前 55
61 元木山根U遺跡 潟上市昭和大久保 (○)九 1 9c 56
62 羽白目遺跡 潟上市昭和豊川上虻川 刻印瓦:秋田瓦 1 167
63 秋田城跡 秋田市寺内 (●)厨、中食、秋田、酒所、雄城、最上、田川 1789 8c〜10c 57
(○)山本、丈、井、内、× 27
刻印瓦:秋田瓦、高水、高、秋 17
木簡: 311
漆文: 56〜
64 寺内山? (秋田城跡内か) (●)高麗 1 58
65 長者平? (秋田城跡内か) (●)南 1 59
66 秋田市寺内 (○)由(田)川囲 1 60
67 (伝秋田城) (京都府積善院に伝世) 印章:四(天)王寺印 1 古代 170
68 高野遺跡 秋田市寺内 (●)兄 1 9c中 61
69 後城遺跡 秋田市寺内 (●)家、足人 2 8c〜9c 62
(○) 2
70 深田沢遺跡 秋田市上北手 (●) 2 9c後 63
71 古野遺跡 秋田市上北手古野 (○)一 1 9c後〜10c 64
72 湯ノ沢B遺跡 秋田市四ツ小屋 (●) 1 9c後 65
73 湯ノ沢F遺跡 秋田市四ツ小屋 (○)夷カ 1 9c後 66
74 下堤C遺跡 秋田市四ツ小屋 (●)全カ 1 9c後 67
75 地蔵田A遺跡 秋田市四ツ小屋 (●) 1 9c後 68
76 地蔵田B遺跡 秋田市四ツ小屋 (●)千カ 1 9c後 69
77 古城廻窯跡 秋田市添川 (○)真 1 9c前 70
78 下新城遺跡 秋田市下新城 (●)明、申 2 9c後 60
(○)内杯 1 9c
79 山崎遺跡 秋田市下新城 (○)川 1 9c 71
80 片野T遺跡 秋田市上新城中 (●) 1 9c中 72
81 松木台U遺跡 秋田市上新城中 (○)一 21 9c前〜中 73
82 待入V遺跡 秋田市金足片田 (●)主、大□久 3 9c中〜後 74
83 堀内遺跡 秋田市金足 (○) 1 60
84 大平遺跡 秋田市金足岩瀬 (●)宍人 1 9c前 75
85 諏訪遺跡 秋田市豊岩豊巻 (●)吉 8 9c後〜10c前 76
86 羽川遺跡 秋田市下浜 (●)入 1 77
87 手形山南遺跡 秋田市手形 (●) 1 9c後 78
88 長岡遺跡 秋田市下新城長岡 (●)有、成 5 9c後 79
89 藩校明徳館跡 秋田市中通 (●)東、天保六年、寛政六年、マロシ 10 近世 80
木簡:酒代入、第一 6
90 東根小屋町遺跡 秋田市中通 木簡:御用、上白□□□斗入、下 8 近世 81
(●)一、二、十、千文カ、弘化五年 9
(○)石硯に6文字 1
91 久保田城跡・大手門地区、穴門地区 秋田市中通 木簡:富士岡 5 近世 82
92 久保田城跡・下中城町地区 秋田市千秋明徳町 木簡:御屋扇 1 近世 168
93 古川堀反町遺跡 秋田市中通 木簡:小野岡大和様、糯米川井五郎兵衛様 17 近世 83
(●)根元氏 1
94 湊城跡 秋田市土崎港 木簡:北、十番 2 17c〜19c中 159
(○)〔石硯と瓦に線刻〕 2
95 松木台V遺跡 秋田市河辺松渕 (●)王、大 2 9c中〜後 84
96 方福遺跡 秋田市雄和椿川 (●)大 1 9Cか 149
97 上雨堤遺跡 大仙市土川 (●) 1 9c後 85
98 半道寺遺跡 大仙市土川 (○)神代 1 60
99 桧山腰窯跡 大仙市南外大畑 (○) 23 13c前 86
100 大浦沼 大仙市神宮寺 (●)公 1 9c 87
101 布田谷地遺跡 大仙市北楢岡 (●)大万 1 9c 155
102 沖田遺跡 大仙市北楢岡 (●)寺、人、兄 9c 165
103 払田柵跡 大仙市払田/美郷町本堂城回 (●)厨、官、舎、中、安、懺悔、小勝、大津郷 500 9c初〜10c 88
(○)出羽□ 郡□男賀凡酒坏、×、一 36
木簡:嘉祥二年正月十日下稲日紀□年料、十火 88 9c初〜10c 119b
漆文:轆轤、帳吉、宮城郷、壬生部益成戸口貳人・・ 5
104 星宮遺跡 大仙市横堀 (●) 1 9c 89
105 観音堂遺跡 大仙市板見内 木簡:十本ほうしへ 1 近世 146
106 半在家遺跡 大仙市高関上郷 (●) 2008年調査中 163
107 内村遺跡 美郷町千屋 (●)〔風構えの文字〕 1 9c後 90
108 羽貫谷地遺跡 美郷町畑屋 (●) 1 9c後 69
109 厨川谷地遺跡 美郷町土崎(旧千畑町) (●)成・寺・調酒・硯・☆・東・上・有・万・毛 336 9c後〜10c初 91
(○)大・廾・×・*・ 36
(Θ)×・有・井・* 10
線刻砥石 3
漆器:漆書き文字 1
木簡:歿王鬼急々如律令・伊福部/弓継 4 9c後〜10c初 119b
110 城方小屋遺跡 美郷町本堂城回 (●)册(横線4本、縦線1本) 1 9c後 161
111 森崎U遺跡 美郷町本堂城回 (●)秋、伴 13 9c中 161
112 森崎T遺跡 美郷町本堂城回 (●)種、弘 3 9c後 162
113 下中村遺跡 美郷町土崎 (●)具天 1 9c中 92
114 飛沢尻遺跡 美郷町土崎 (●)廣 1 9c後 92
115 八幡遺跡 美郷町六郷 (●)十万、方、主、絹、千、用、今、十、廿 61 9c後 93
(○)× 9
116 根子荒田T遺跡 美郷町六郷 (●)#、八十カ 7 9前〜後 154
(○)× 2 9前〜後
木簡:こ□ 1 中世以降
117 中屋敷U遺跡 美郷町土崎 (●) 1 9c後〜10c前 94
118 本堂城跡 美郷町本堂城回 木簡:伐折羅大将、宮毘羅(檜扇に墨書) 3 16c
119 怒遺跡 大仙市藤木 (●)福・冨・伴・川・大・足・仙・厨・大 36 9c後 95
木簡:以今月廿八日請取己了但阿古経之正身月・・ 2 119b
120 藤木遺跡 大仙市藤木 (●)伴・田 37 9c後 96
121 四十二館跡 大仙市藤木 (●)大 1 9c 97
122 高関? 大仙市四ツ屋? (●)郷 1 9c 77
123 西中谷地遺跡 大仙市高関上郷 (●)麿 1 9c後 98
124 成沢遺跡 大仙市大曲西根 (●)万福 1 9c 150
(○)一 1 99
125 和合遺跡 大仙市和合 (○)下、上 3 9c中 100
126 石名館遺跡 美郷町六郷 (●)田、〔鳥の絵〕 2 9c後 101
127 鎧ケ崎周辺 美郷町六郷 (●)他 2 9c後 102
128 中藤根遺跡 横手市平鹿町中吉田 (●)長 1 9c前〜中 103
129 下藤根遺跡 横手市平鹿町中吉田 (●)七 2 9c後 104
(○)× 1
130 竹原窯跡 横手市平鹿町上吉田間 (●)継 1 9c前〜中 105
(○)二、三、吉、工、井、十、×、〔木の葉模様〕 11 8c後〜9c中
(○)五十集屋敷 1 中世
131 砂子田遺跡 横手市平鹿町樽見内 (●)中 1 9c後 106
132 江原嶋1遺跡 横手市大雄東阿気 (●)右カ 2 9c 107
(○)× 4
印章:財 1
133 矢矧殿遺跡 美郷町上深井 (●)吉、方 9c 108
134 上猪岡遺跡 横手市猪岡 (○)十、〔帆かけ舟〕 2 10c前 109
135 富ケ沢A窯跡 横手市赤坂 (●)一 1 9c前〜中 110
(○) 1
136 富ケ沢B窯跡 横手市赤坂 (○)山、所、美、真、十、一、□田 15 9c前〜中 111
(Θ)宇、宇 2
137 田久保下遺跡 横手市赤坂 (○)× 2 9c中〜後 112
138 オホン清水北遺跡 横手市塚堀 (●)各 1 9c後〜10c前 113
139 オホン清水A遺跡 横手市塚堀 (●)榮、得 4 9c後〜10c前 114
140 手取清水遺跡 横手市清水町新田 (●)蝮、占、王、継、王、井、弓、鳥麻呂 132 9c中〜後 115
(○)工 1
木簡:丸子部・合物陸種・津守部・物部子・蝮□部・・・ 1 9c 119b
木簡:鬼鬼鬼、桂馬・々(将棋駒) 5 13c〜14c 115
141 大鳥井山遺跡 横手市大鳥町 (○)君 1 10c 116
142 金沢城跡 横手市金沢 木簡:二連〔闘茶札〕、〔塔婆〕 4 中世 157
143 物見窯跡 横手市金沢中野 (○)有 1 10c初 117
144 十二牲B遺跡 横手市金沢中野 (●)寺、小 2 9c中〜後 118
(○)真公 2
木簡:一斗五升、大 2 119b
145 前通遺跡 横手市杉沢 (●)私、丈、 8 9c前 120
146 観音寺廃寺跡 横手市大森町上溝 木簡:御佛殿前申、はしばしら、〔字書木簡〕 4 12c 121
147 石塚上台遺跡 横手市雄物川町会塚 (●) 〔16文字〕 1 9c後〜10c前 122
148 上大見内遺跡 横手市雄物川町薄井 (●)嶋 4 9c前 123
149 大見内遺跡 横手市雄物川町薄井 (●)息、豊、上、内、財、財上、九千、六千 12 9c中〜10c前 124
(○) 1
150 八卦遺跡 横手市雄物川町沼館 (●)上、本カ 7 10c前 125
151 中村T遺跡 横手市雄物川町石塚 (●)雄、辰カ、主 4 9c前〜後 126
152 正願谷地遺跡 横手市雄物川町沼館 (●)吉、十二か 2 10c前 126
153 柄内遺跡 横手市雄物川町東里 (○)× 1 9c前 127
154 会塚田中B遺跡 横手市雄物川町会塚 (●)二、大、田、道、祐カ、五□ 12 9c前〜後 153
(○)× 1 5cか
155 末館窯跡・B地点 横手市雄物川町大沢 (○)× 1 8c中 147
156 釘貫遺跡 横手市雄物川町東里 (○)十 1 8c中 148
157 樋向遺跡 横手市雄物川町会塚 (●)若万、甘、一 4 9c後 166
(○)× 3 7c後〜末
158 城神巡り遺跡 羽後町土館 (●)赤麻・鎮・連・浄・若・行・玉・廣・千万 24 9c後 128
159 柏原古墳群 羽後町大久保 (●)真 2 9c後 129
160 野尻遺跡 湯沢市八幡 (●) 1 9c後 52
161 取上石山遺跡 湯沢市山谷 (○) 1 9c 130
162 稲庭城跡 湯沢市稲庭町古館 (●) 1 近世 131
163 上谷地遺跡 由利本荘市土谷 (●)友・月・十・吉・寺・万・満・保・後・仁・二 41 9c後 132
(Θ)上〔漆書〕 1
164 新谷地遺跡 由利本荘市土谷 (●)寺、二 13 9c後 133
(○)十 1
木簡: 3 12c後〜15c
165 大覚遺跡 由利本荘市川口 (●)物、大、中 9c 134
166 横山遺跡 由利本荘市福山 (●)八 3 9c 135
木簡:庄屋助五郎『佐々木』 1 近世
167 岩倉館跡 由利本荘市川口 木簡: 〔塔婆〕大霊追善供養大菩薩 1 14〜16c 136
168 本荘城跡 由利本荘市出戸町 (●)御用 2 中〜近世 137
木簡:六郷伊賀守、御膳所御用、本庄城下六郷兵部・・ 39
169 樋ノ口遺跡 由利本荘市福山 (●) 1 9c後〜10c前 156
(○) 1
170 井岡遺跡 由利本荘市西目町西目 (●)井岡、三、人、丈、羽、女、中、生、太、主 73 9c前〜中 138
(○)× 3
171 井岡西遺跡 由利本荘市西目町西目 (●)中カ 1 9c後 138
172 客殿森遺跡 由利本荘市西目町西目 (●)酒万 1 8c前〜中 138
173 中谷地遺跡 由利本荘市西目町西目 (●)上 1 9c後 69
174 猿田遺跡 由利本荘市西目町出戸 (●) 1 9c後 139
175 宮ノ前遺跡 由利本荘市東由利法内 (●)方 1 9c後 140
176 相庭館跡 由利本荘市矢島町荒沢 (●)一 1 9c 141
177 龍門寺茶畑遺跡 由利本荘市岩城赤平 木簡:小塚土子□〔蔵カ〕 2 近世 142
178 川口遺跡 由利本荘市川口 印章:□ 1 古代か 169
179 下岩ノ沢遺跡 にかほ市馬場 (●) 1 9c後〜10c前 143
(○)土カ 1
180 立沢遺跡 にかほ市立沢 (●)○ 6 9c後 144
(○)× 2
181 カウヤ遺跡(第2次調査) にかほ市象潟町小砂川 (●) 2 9c 145
(○) 2
秋田県内出土の文字資料集成

1    県教委1983 「一本杉遺跡」『東北縦貫自動車道発掘調査報告書Y』 秋文調報99
2    鹿角市教委1979『小平遺跡発掘調査報告書』 鹿角市文調資10
3    県教委1982「歌内遺跡」『東北縦貫自動車道発掘調査報告書U』 秋文調報88
4    県教委1983「案内V遺跡」『東北縦貫自動車道発掘調査報告書Y』 秋文調報99
5    県教委1984「下乳牛遺跡」『東北縦貫自動車道発掘調査報告書]T』 秋文調報119
6    藤井安正1983「鹿角市中花輪遺跡出土の刻文絵画土器」『考古風土記』8
7    県教委1982「上葛岡W遺跡」『東北縦貫自動車道発掘調査報告書X』 秋文調報91
8    十和田高校社会科同好会1974「神田遺跡」『山脈』22
9    県教委1987「堪忍沢遺跡」『西山地区農免農道整備事業に係る埋蔵文化財発掘地区報告書T』秋文調報152
10   県教委1989「太田谷地館跡第2次」『西山地区農免農道整備事業に係る埋蔵文化財発掘地区報告書X』 秋文調報183
11   県教委1989「用野目川向V遺跡」『西山地区農免農道整備事業に係る埋蔵文化財発掘地区報告書W』 秋文調報182
12   県教委2003『柴内館跡』 秋文調報355
13   大館市1979『大館市史』第1巻
14   大館市教委『大館市山王台遺跡発掘調査報告書』
15   報告書未刊、大館市教委で調査、資料の一部は大館郷土博物館に展示中
16   県教委2008『釈迦内中台T遺跡』秋文調報426
17   比内町教委1978『谷地中「館」遺跡発掘調査報告書』
18   比内町教委1973『真舘緊急調査報告書』
19   県教委1970『胡桃館埋没建物遺跡第3次発掘調査報告書』 秋文調報22
20a  山本崇・高橋学2005「鷹巣町胡桃館遺跡の木簡」『秋田埋文研究紀要』19
20b  山本崇・高橋学2006「胡桃館遺跡出土木簡の再釈読について」『秋田埋文研究紀要』20
21  県教委1999『伊勢堂岱遺跡』 秋文調報293
22  県教委1998『法泉坊沢U遺跡』 秋文調報278
23   県教委1980『中田面遺跡発掘調査報告書』 秋文調報74
24   県教委1998『湯ノ沢岱遺跡』 秋文調報273
25   能代市教委1978『大館遺跡発掘調査報告書』
26   県教委2007『鴨巣館跡・鴨巣T遺跡・鴨巣U遺跡』秋文調報422
27  県教委1983『真壁地遺跡』 秋文調報102
28  県教委1984『上の山U遺跡発掘調査報告書』 秋文調報114
29  県教委1980『中田面遺跡・重兵衛台T・U遺跡・根洗場遺跡発掘調査報告書』 秋文調報74
30   県教委1989「福田遺跡」『一般国道7号八竜能代道路建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書U』 秋文調報178
31   県教委1989「十二林遺跡」『一般国道7号八竜能代道路建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書U』 秋文調報178
32a  能代市教委1996『小友V遺跡』
32b  高橋学2000「米代川下流域にも擦文土器あり−能代市小友V遺跡にみる古代集落の一様相−」『阿部正光君追悼集』
33  小林喜兵1995「トドメキT・U遺跡」『能代市史資料編考古』
34  小林喜兵1995「南山ノ上遺跡」『能代市史資料編考古』
35  県教委2006『樋口遺跡』 秋文調報411
36  県教委2005『ムサ岱遺跡』 秋文調報396
37  県教委2000『館の上遺跡』 秋文調報298
38  県教委1999『扇田谷地遺跡』 秋文調報283
39  県教委1998『泉沢中台遺跡』 秋文調報276
40a  県教委2001『盤若台遺跡』 秋文調報319
40b  宇田川浩一2002「秋田・盤若台遺跡」『木簡研究』24
41   県教委2004『小林遺跡U』 秋文調報376
42a  三嶋隆儀・庄内昭男1987「 男鹿市小谷地遺跡の墨書土器」『秋田県博研究報告』12
42b  磯村朝次郎1961「脇本飯森家屋埋没遺址調査概報」『秋田考古学』18
42c  県教委1965『脇本埋没家屋第一次調査概報』 秋文調報5
42d  県教委1966『脇本埋没家屋第二次調査概報』 秋文調報6
42e  県教委1967『脇本埋没家屋第三次調査概報』 秋文調報11
43a  男鹿市教委2005『脇本城跡』男鹿市文調報29
43b  竹内弘和2005「秋田・脇本城跡」『木簡研究』27
43c  工藤直子2006「城館研究の方法−脇本城跡の調査から−」『遺跡研究の方法』東北中世考古学会
44   目黒明彦1979「男鹿市脇本大倉遺跡採集の線刻土師器片」『男鹿半島研究』9
45  男鹿市教委1998『脇本石館遺跡詳細分布調査報告』 男鹿市文調報17
46  磯村朝次郎1973「秋田県沿岸における土器製塩に関する予察」『男鹿半島研究』2
47   県教委1982『蒲沼遺跡発掘調査報告書』 秋文調報96
48a  五城目町教委1975『石崎遺跡発掘調査報告 第1〜3回合報』
48b  門間光夫1968「推定古代郡衙址「石崎遺跡」の調査概報」『 秋大史学』15
49  県教委2001『中谷地遺跡』 秋文調報316
50a  県教委2001『北遺跡』 秋文調報315
50b  加藤竜2002「秋田・北遺跡」『木簡研究』24
51  五城目町教委2002『開坊遺跡』 五城目町埋文調報8
52  高橋学1986「秋田県内出土の墨書土器集成」『秋田埋文研究紀要』1
53a  県教委2000『洲崎遺跡』 秋文調報303
53b  工藤直子1999「秋田・洲崎遺跡」『木簡研究』21
53c  工藤直子・高橋学2000「秋田・洲崎遺跡」『木簡研究』22
54  県教委2003『西野遺跡』 秋文調報360
55  県教委2000『元木山根U遺跡・毘沙門遺跡・六ッ鹿沢遺跡』 秋文調報309
56  県教委2003『元木山根U遺跡』 秋文調報362
57  秋田市教委1973〜『秋田城跡発掘調査概報』(毎年概報・年報刊行)、墨書等の点数は2004年度末(84次)までの集計
   木簡・漆紙文書の点数は、秋田城跡調査事務所・伊藤武士氏の教授による(061109)
58  上法香苗1957「秋田市下新城の古代窯址群について」『秋田考古学』8
59  内田武志・宮本常一1973『菅江真澄全集』9(菅江真澄1822『新古祝甕品類之図』)
60  奈良修介1960「歴史時代」『秋田県史考古編』
61  岩見誠夫1967「高野出土の墨書土器」『秋田考古学』26
62  秋田市教委1979『後城遺跡発掘調査報告書』
63  秋田市教委1985「深田沢遺跡」『秋田臨空港新都市開発関係埋蔵文化財発掘調査報告書』
64  県教委1995「古野遺跡」『東北横断自動車道秋田線発掘調査報告書]\』 秋文調報253
65  秋田市教委1983「湯ノ沢B遺跡」『秋田臨空港新都市開発関係埋蔵文化財発掘調査報告書』
66  秋田市教委1984「湯ノ沢F遺跡」『秋田臨空港新都市開発関係埋蔵文化財発掘調査報告書』
67  秋田市教委1987「下堤C遺跡」『秋田新都市開発整備事業関係埋蔵文化財発掘調査報告書』
68  秋田市教委1993「地蔵田A遺跡」『秋田新都市開発整備事業関係埋蔵文化財発掘調査報告書』
69  高橋学1995「秋田県内出土の墨書土器、箆書・刻書土器」『秋田埋文研究紀要』10
70  秋田市史編纂室1997『古城廻窯跡発掘調査報告書』
71  県教委1992『山崎遺跡発掘調査報告書』 秋文調報223
72  県教委1996「片野T遺跡」『秋田外環状道路建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書W』 秋文調報265
73  船木義勝・泉広宣1993「秋田市松木台U遺跡の須恵器」『 秋田県博研究報告』18
74  県教委1992「待入V遺跡」『秋田外環状道路建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書U』 秋文調報224
75  県教委2001『大平遺跡』 秋文調報329
76  県教委2002『諏訪遺跡』 秋文調報328
77  奈良修介1967「有史文化」『秋田県の考古学』吉川弘文館
78  秋田市教委2001『手形山南遺跡』
79  秋田市教委 2002『秋田市長岡遺跡』
80a 秋田市教委2002『藩校明徳館跡』
80b 県教委2006『久保田城跡・藩校明徳館跡』秋文調報412
80c 伊藤武士2003「秋田・藩校明徳館跡」『木簡研究』25
81a 県教委2005『東根小屋町遺跡』秋文調報387
81b 高橋学・五十嵐一治2005「秋田・東根小屋町遺跡」『木簡研究』27
81c 桶組の井戸(SE5046)側板に「下の墨書があることが判明、未報告(2008.5.9)
82 県教委2006『久保田城跡・藩校明徳館跡』秋文調報412
83 県教委2008『古川堀反町遺跡』秋文調報435
84 県教委1986「松木台V遺跡」『東北横断自動車道秋田線発掘調査報告書T』 秋文調報150
85 県教委1986『上雨堤遺跡発掘調査報告書』 秋文調報149
86 南外村教委1992『平成3年度仙北郡南外村大畑・桧山腰窯跡発掘調査報告書』
87 内田武志・宮本常一1978「月の出羽路」『菅江真澄全集』7(仙北郡6)
88 県教委1975〜『払田柵跡調査事務所年報』(毎年刊行)、2007年度末(第135次)までの集計
89 1996〜98年に仙北町教委が行った発掘調査で出土。未報告。仙北町教委1999『星宮遺跡』仙北町文調報3
90 県教委1981『内村遺跡発掘調査報告書』 秋文調報82
91a 県教委2005『厨川谷地遺跡』 秋文調報383
91b 五十嵐一治 2004「厨川谷地遺跡出土の文字資料と祭祀について−墨書土器を中心に−」『 第2回東北文字研資料』
91c 五十嵐一治2005「秋田・厨川谷地遺跡」『木簡研究』27
92 美郷町教委2005「下中村遺跡」「飛沢尻遺跡」『町内遺跡詳細分布調査報告書』美郷町埋文調報1
93 美郷町教委2006『八幡遺跡』美郷町埋文調報2
94 県教委2005『中屋敷U遺跡』秋文調報384
95 高橋健治1974「藤木墨書土器の出土状況報告書」『秋田民報』
96 県教委1981『藤木遺跡発掘調査報告書』 秋文調報81
97 横手高校保管、未実測、未報告
98 未報告、実測図は払田柵跡調査事務所に保管
99 県教委1976『成沢遺跡発掘調査報告書』 秋文調報36
100 高橋学2004「大曲市和合出土の墨書土器−使用痕跡にも着目して−」『 秋田埋文研究紀要』18
101a 県教委1984『石名館遺跡発掘調査報告書』 秋文調報112
101b 冨樫泰時1985『日本の古代遺跡24 秋田』 保育社
102 六郷町1992『六郷町史』上巻
103 秋田考古学協会1973『中藤根遺跡』
104 県教委1976『下藤根遺跡発掘調査報告書』 秋文調報39
105 県教委1991「竹原窯跡」『東北横断自動車道秋田線発掘調査報告書]T』 秋文調報209
106 横手市教委2006『砂子田遺跡』横手市文調報1
107 県教委 2001『江原嶋1遺跡』 秋文調報310
108 報告書未刊、旧仙南村教委(美郷町)で調査
109 県教委1991「上猪岡遺跡」『東北横断自動車道秋田線発掘調査報告書]』 秋文調報208
110 県教委1992「富ケ沢A窯跡」『秋田ふるさと村(仮称)建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書』 秋文調報220
111 県教委1992「富ケ沢B窯跡」『秋田ふるさと村(仮称)建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書』 秋文調報220
112 県教委1992「富ケ沢C窯跡」『秋田ふるさと村(仮称)建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書』 秋文調報220
113 県教委1992「田久保下遺跡」『秋田ふるさと村(仮称)建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書』 秋文調報220
114a横手市教委2003『横手市内遺跡発掘調査報告書』 横手市埋文調報29
114b横手市教委2005『オホン清水A遺跡第W・X次』 横手市埋文調報32
115a県教委1990「手取清水遺跡」『東北横断自動車道秋田線発掘調査報告書X』 秋文調報190
115b山崎文幸1988「秋田・手取清水遺跡」『木簡研究』10
116 横手市教委1978『大鳥井山T』
117 杉渕馨1981「物見窯跡について」『秋田地方史論集』みしま書房
118 県教委2000『十二牲B遺跡』 秋文調報304
119a 高橋学 2002「秋田・十二牲B遺跡」『木簡研究』24
119b 高橋学・熊田亮介2006「出土文字資料」『横手市史』史料編 古代・中世
120 県教委2003『前通遺跡』 秋文調報351
121a 県教委2001『観音寺廃寺跡』 秋文調報321
121b 五十嵐一治2002「秋田・観音寺廃寺」『木簡研究』24
122 奈良修介1958「沼館出土の土師器盤」『秋田考古学』9
123 雄物川町1980『雄物川町郷土史』
124a 県教委2004『大見内遺跡』 秋文調報374
124b 県教委2005『大見内遺跡・館野遺跡』 秋文調報386
125 雄物川町教委2004『八卦遺跡』 雄物川町文調報5
126 雄物川町教委2005「中村T遺跡」『遺跡詳細分布調査報告書』 雄物川町文調報9
127 雄物川町教委2005『水尻遺跡・柄内遺跡』 雄物川町文調報8
128 県教委1964『羽後町足田遺跡発掘調査概報』秋文調報3
129a 羽後町教委1989『柏原古墳群発掘調査報告書』
129b 羽後町教委1993「柏原古墳群」『福島遺跡ほか発掘調査報告書』
130 山下孫継1961『湯沢市雄勝郡の埋蔵文化財』湯沢市教委
131 稲川町教委1987『稲庭城跡発掘調査報告書』
132a 冨樫泰時・児玉準1992「本荘市上谷地遺跡について−由理柵推定地の調査−」『秋田埋文研究紀要』7
132b 本荘市教委1995『上谷地遺跡詳細分布調査報告書−第1次調査概報−』 本荘市文調報10
132c 本荘市教委1996『上谷地遺跡詳細分布調査報告書−第2次調査』 本荘市文調報11
133a 本荘市教委2003『 上谷地遺跡・新谷地遺跡』 本荘市文調報19
133b 長谷川潤一2004「秋田・新谷地遺跡」『木簡研究』26
133c 県教委2005『上谷地遺跡 新谷地遺跡』 秋文調報395
134 報告書未刊、(旧)本荘市教委で調査、整理中、点数は長谷川潤一氏による(061110)
135 県教委 2003『横山遺跡』 秋文調報363
136 県教委『岩倉館跡』秋文調報423
137 長谷川潤一2002「秋田・本荘城跡」『木簡研究』24
138a 高橋学1990「 西目町井岡遺跡で採集された遺物について」『秋田考古学』40
138b 池田正治・高橋学1987「 由利郡西目町で採集された墨書土器−土の下の歴史を索めて−」『秋田考古学』39
139 西目町教委1994『 猿田遺跡−遺構確認調査報告書−』
140 東由利町教委1994『 宮ノ前遺跡発掘調査概報』
141 矢島町教委2005『秋田県由利郡矢島町埋蔵文化財詳細分布報告書』 矢島町文調報2
142a 県教委2004『龍門寺茶畑遺跡』秋文調報373
142b 高橋学2004「秋田・龍門寺茶畑遺跡」『木簡研究』26
143 仁賀保町教委1986『下岩ノ沢遺跡発掘調査報告書』
144 仁賀保町教委1987『立沢遺跡発掘調査報告書』
145 県教委1986『カウヤ遺跡第2次発掘調査報告書』秋文調報135
146 山崎文幸2004「秋田・観音堂遺跡」『木簡研究』26
147 島田祐悦2005「横手盆地の奈良期における須恵器編年−末館窯跡の再検討−」『秋田考古学』49
148 雄物川町教委2004『耳取遺跡 釘貫遺跡』雄物川町文調報6
149 男鹿市・泉明氏採集(1980年11月16日)
150 実測図は払田柵跡調査事務所に保管、成沢遺跡の調査地点とは異なるか(要再調査)
151 県教委2008『地蔵岱遺跡』秋文調報434
152 県教委2008『狼穴V遺跡』秋文調報427
153 横手市教委2007『会塚田中B遺跡』横手市文調報7
154 美郷町教委2007『根子荒田T遺跡』美郷町埋文調報4
155 県教委2007『布田谷地遺跡』秋文調報433
156 県教委2007『樋ノ口遺跡・博坂V遺跡』秋文調報424
157a 県教委1972『昭和46年度金沢柵跡発掘調査概報』秋文調報25
157b 高橋学2007「金沢城跡」『横手市史 資料編 考古』
158a 美郷町教委2007『本堂城跡』美郷町埋文調報5
158b 山形博康2006「秋田・本堂城跡」『木簡研究』28
159a 秋田市教委2007『湊城跡』(平成17年度調査区)
159b 秋田市教委2008『湊城跡』(平成18年度調査区)
160 県教委2008『脇本遺跡』秋文調報437
161 美郷町教委2008『城方小屋遺跡 森崎U遺跡』美郷町埋文調報6
162 美郷町教委2008『町内遺跡詳細分布調査報告書』美郷町埋文調報7
163 大仙市教委から情報提供
164 男鹿市教委で遺物保管中
165 秋田埋文が2007年に調査、整理中
166 横手市教委2008『樋向遺跡・石塚T遺跡』横手市文調報10
167 高橋一夫1965「羽白目遺跡出土の布目瓦について」『秋田考古学』25
168 秋田市教委2003「久保田城跡」『秋田市市内遺跡確認調査報告書』
169 冨樫泰時1991「本荘市川口発見の銅印について」『鶴舞』62
170 現所在:京都国立博物館/国立民俗博物館1996『日本古代印集成』
※表の下に、「註」欄のナンバーが示す所収文献が明示されています。