払田柵って何?

 秋田県の内陸中央部に位置する、仙北平野は“あきたこまち”米の主産地です。払田柵跡はこの地に9世紀初頭に創建され、10世紀後半まで存続しました。払田柵跡は多賀城・秋田城跡と並び称される古代城柵遺跡としての規模と威容を誇りますが、当時どのような名称で呼ばれていたのか明らかではなく謎の遺跡でもあります。

 払田柵跡は大仙市(旧仙北町※1)・美郷町(旧千畑町※2)にあり、沖積地に浮島状に並ぶ真山・長森の小丘陵を選地しています。



 柵跡の名が冠されたのは、最外側の区画施設(外柵)が柵木塀(材木塀)であることに由来します。柵木は約30cm角に加工した秋田杉で、外柵は二つの丘陵を取り囲むように東西1370m、南北780mの長楕円形状に、立て並べています。柵木の長さは、倒壊した柵木が良好な状態で発見されたことから、地上高は3.6mであったことが判明し、その威容はさながら西部劇にでてくる砦のようであったのかもしれません。

 柵木塀には東西南北の四方に八脚門がつきます。南門(外柵南門)は他の律令国家施設と同様表門と見なされます。





 

 ここを通ると幅員10m程の南大路が北に真直ぐ延びます。途中木橋を渡り、長森丘陵裾まで達するともう一つの南門(外郭南門)に至ります。






 古代城柵では政庁とされる区域に行政と軍事を司る中枢建物(正殿・脇殿など)を定式的に配置させています。払田柵では長森丘陵上に政庁が作られており、ここにも外郭と呼ぶ第二の区画施設が存在します。それは丘陵部では築地土塀であり、沖積地では外柵と同じ柵木塀です。

 外郭南門の両脇には威厳を誇示するかのように石垣(石塁)が積まれます。








 

 二つ目の門を通ると、石段となります。









 

 登り切ると第三の区画施設である板塀と門が目の前に立ちはばかります。これが政庁に入るための最後の門(政庁南門)となります。








 払田柵跡は1974年より通年学術調査を実施しており、現時点までおおよそ次のことが判明しました。政庁は中心施設であるが儀礼的な場であり、実務的な場(建物)は政庁からやや離れた長森丘陵東側に置かれたと思われます。対する西側丘陵域は主に鉄・銅などの金属の生産や加工の場として利用され、工人集団の作業場兼居住域であったことが判明しつつあります。外柵で囲まれた広大な低地は当初、耕地が広がり馬が放たれ、兵士・農民が居住する空間と推測していました。ところが実際には複数の川が流れ、河川敷・湿地が広がる所であり、居住には適さない場の多いことが明らかになってきました。しかしこの区域は水や火を用いて行う祭祀には好都合の場であり、近年祭祀関連の遺構・遺物が多く発見されました。

  このように払田柵は軍事的、政治的な要素を兼ね備えた国の役所であるとともに、柵内では鉄の生産や鍛冶、さらには祭祀もとり行われていたと思われ全体像が徐々に明らかになってきています。

※1 仙北町は、大曲市・協和町・神岡町・西仙北町・太田町・中仙町・南外村の7市町村と2005年3月22日に合併し、「大仙市」として発足しました。
※2 美郷町は、2004年11月1日に六郷町・千畑町・仙南村が合併して発足した新町です。