■ 土地売買等の届出に係る区域について
   (都市計画区域及び市街化区域)


●市街化区域


  秋田県内で、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区域区分(「線引き」ともいいます。)しているのは
 次の市です。

   ・秋田市(旧秋田市)    ・潟上市(旧昭和町、飯田川町、天王町)

  これらの市内で、市街化区域に定められた区域内において、2,000u以上の土地売買等がなされた場合、届出が
 必要となります。



●都市計画区域


  秋田県内で、都市計画が定められている市町村は次のとおりです。

地区 市町村名
県 北  鹿角市、小坂町

 大館市(旧大館市、比内町)、北秋田市(旧鷹巣町、森吉町、合川町)、上小阿仁村

 能代市、二ツ井町
県中央  秋田市(旧秋田市、河辺町、雄和町)

 男鹿市(旧男鹿市)、潟上市(旧昭和町、飯田川町、天王町)、五城目町、八郎潟町

 由利本荘市(旧本荘市、矢島町)、にかほ市(旧仁賀保町、金浦町、象潟町)
県 南  大仙市(旧大曲市、神岡町、西仙北町)、仙北市(旧角館町、田沢湖町)、美郷町(旧六郷町)

 横手市

 湯沢市(旧湯沢市)

  都市計画区域内において、5,000u以上の土地売買等がなされた場合、届出が必要になります。



●上記以外の区域


  上記以外の区域の場合であっても、10,000u以上の土地売買がなされた場合は、届出が必要です。





土地取引の届出制度へ戻る