事業概要 会員一覧 会員募集 活動状況 トピックス
 
活動内容

1)会員や一般住民の方々と一体となった水・緑に関する活動を実施する。
2)会員や一般住民の方々と一体となった水・緑に関するセミナーを実施する。
3)各団体の活動紹介
4)各種情報提供

米代川流域水と緑のネットワーク会議活動報告(各種情報提供含む)H21年度

 H18,19年度の活動報告はこちら

H20年度の活動報告はこちら

 
活   動   内   容
H21.6.11
◆平成21年度 第1回米代川流域水と緑のネットワーク会議開催
 平成20年度の活動実績の報告と平成21年度の活動計画について話し合いました。
H21.6.14
◇ 白神山地のふもとへブナの植樹(会員の活動)
会員名:海と川と空の塾
「自然と人間の共生」をテーマに、14年前から白神山地の麓である八峰町峰浜水沢山に植栽しています。
今年は、全日空(ANA)や全国規模の森林ボランティア組織「りすシステム」との合同植樹により、これまで最多の約300人が参加し、約700本のブナを植樹しました。
 会による植樹本数は累計で約9,500本となったそうです。
H21.6.27
◇ 田代平へのブナ植樹 (会員の活動)
会員名:鹿角市河川漁業協同組合
大湯川の清流づくりの一環として平成19年からブナの植樹活動をしています。
今年は、大湯川支流の田代平で、漁協関係者と地元住民住民80名参加のもと、ブナ200本を植栽しました。
H21.6.28
◇ 四角岳美化登山(会員の活動)
会員名:鹿角地域米代川水系自然の会
「自然の恵みに感謝し、自然をいたわり、ゴミは必ず持ち帰る」をスローガンに、平成16年から続けている山の清掃活動です。
3県にまたがる四角岳で、青森・秋田・岩手のそれぞれの登山口から総勢80名が清掃登山を行いました。
H21.9.26
 一斉行動(鹿角地域) 植樹活動
米代川流域水と緑のネットワーク一斉行動として、鹿角市上沼放牧跡地で植樹活動を行いました。
H21.10.30
◆ 一斉行動(山本地域) 育樹活動
米代川流域水と緑のネットワーク一斉行動として、能代市 風の松原において、ニセアカシアの除去作業と落ち葉掻きを実施しました。
H21.11.1
◇ 100年後のブナの森づくり (会員の活動)
会員名:NPO法人冒険の鍵クーン
北秋田市の森吉山麓高原にある、放牧場跡地をもとあった「豊かな森」に戻すため、地元子ども達の手により、植樹活動、種拾い、種蒔きを行いました。
当日は小雨の混じる中でしたが、親子連れ40名が参加し、元気に森づくり活動を行いました。
H22.1.14
米代川流域水と緑のネットワークセミナー
セミナーテーマ
「木の病気のはなし」

会場:北秋田交流センター

参加人数:約70名
H22.1.21
◆水と緑のネットワーク中央研修会
秋田市において、秋田県内の水と緑のネットワーク会員、水と緑のアドバイザーを対象に、中央研修会が開催されました。
県庁の担当からの、各種事業の説明や、秋田県立大学の蒔田教授から「豊かな水と緑の秋田を実現するために」と題して講演がありました。
H22.3.3
◆ 平成21年度 第2回米代川流域水と緑のネットワーク会議
平成21年度の活動実績の報告と平成22年度の活動方針について、話し合いました。