***********************AKITA*******
  △◎◎◎◎◎△    秋田県メールマガジン
  ◎◎◎◎◎◎◎  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  | ● < |    ■■■              ■■■
  |△___△|   ■■■■ メルマガ『あ!きた。』 ■■■■
  \ ▲▼▲ /    ■■■              ■■■
   ▼▲▼▲▼       No.24  2004・4・27
  ▲▼▲▼▲▼▲  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ▲ ▲    ■秋田県情報公開課 毎月7・17・27日発行■
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 http://www.pref.akita.jp       mailto:mag@mail2.pref.akita.jp
***********************************
 
 いよいよ待ちに待った「ゴールデンウィーク」。良い天気が続いてほしいで
すね!
 さて今回は、ボリューム満点のGW特大号! 最後まで見てね〜〜
 
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓────────┐ 
   今  日  の  お  し  な  が  き 
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
┌─┘ ◆そのまんま通信 〜小野寺教育長の巻〜
│   ◆これであなたも県政通
│   ◆行ってみてたんせ!
└─┐ ◆インターナショナルルーム
  │ ◆踊る特派員報告
  │    〜白神の天然わき水で仕込まれた「ちょっといいお酒」〜
  │ ◆クローズアップメルマガ
  │ ◆今週の言わせて!
  │ ◆『あ!きた。』的こぼればなし
  │   〜有用微生物の宝庫「白神山地」〜
  │ ◆おわりに  
  └───────────────────────────────┘
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆そのまんま通信 〜小野寺教育長の巻〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今回は、県の小野寺清教育長の登場です。
 
▲はじめまして。教育長の小野寺です。
 新年度に入りますと式典や行事が多く、決められた時間で次の会場に移動す
ることになります。学校などの教育現場で、できるだけ多くの教職員や生徒と
触れ合いたいのですが、なかなかその機会もつくれません。
 
 そんなさなか、二つの明るい話題が届きました。
 その一つは、皆さんご存じのとおり、選抜高校野球でベスト8に進んだ秋田
商業高校ナインの代表が、その報告に訪れたことです。
 
 「甲子園で2回校歌を歌うことができました。『夏の大会』にも出場できる
よう体力や足りないところを鍛え、頑張ります」という主将の力強い言葉。
「自分に厳しくこれからも頑張ってください」と激励しました。
  
 二つ目は、4年前、ハワイ沖で漂流していたヨットを海洋技術高校の船川丸
が救助したことに対し、ハワイ下院議会から感謝状を受けたという、これまた
うれしい報告でした。
 
 今年度、海洋技術高校と男鹿高校が統合して開校した「男鹿海洋高校」。当
日訪れた船川丸の船長は、「人間として当たり前のことをしただけです」と話
していましたが、私は、「下院議員全員の署名入りということは、非常に尊い
行為という評価をいただいたものであり、この体験は、生徒の誇りとなり、新
しい学校への何よりのはなむけになりましたね」と喜びを伝えました。
 
 週末公務を離れ、自宅で庭いじりをしていると、ついつい山野草の可憐(か
れん)さに見入ってしまいます。清楚(せいそ)で繊細な美しさの中に凛(り
ん)とした自己主張を持つ強さ。
 
 まねることや表面を着飾ることを美しさだと勘違いしている一部の若者たち
に、本当の美と価値観を気付かせてやりたいと思うのですが・・・。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆これであなたも県政通
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲「特別支援教育課」の誕生
 県教育庁の組織改編に伴い、16年4月より幼児・養護教育課は、幼保推進
課と特別支援教育課という形で新たなスタートを切りました。
 これまで以上に幼児・児童・生徒への支援に力を注ぎます。
 
 ▽幼保推進課のホームページはこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/youho/shidou/home.html
 ▽特別支援教育課のホームページはこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/yojiyogo/index.html
 
▲県政の主な出来事(4/16〜4/25)
 ○県の市町村合併支援対策本部が、大仙市の新市建設計画案を了承(19日)
  美郷町に続く県内2例目
 
  ▽大仙市の建設計画案など詳しくはこちら↓
   http://www.obako.or.jp/gappei/index.html
  ▽市町村合併について詳しくはこちら↓
   http://www.pref.akita.jp/sityoson/gappei/top/index.html
 
 ○県の新エネルギービジョン(改訂版)まとまる(20日)
  新たに雪氷冷熱とバイオマス発電を追加
 
  ▽詳しくはこちら↓
   http://www.pref.akita.jp/sigen/newenergy.htm
 
▲今週から来週のテレビ・ラジオ番組  みて、きいて、ケロッ!
 こんにちは。テレビ・ラジオ番組の担当のカエルです。
 
 もうすぐゴールデンウィークですね。読者の皆さんは、どんな計画を立てて
いますか。
 
 カレンダーが真っ白、という(カエルを含む)みんなにオススメしたいのが、
5月2日(日)放送のABS「こちらお茶の間情報局」で紹介する「世界の絵
本作家展」です。
 
 世界11カ国の絵本作家22人の作品が楽しめる特別企画展で、横手市の県
立近代美術館で5月16日(日)まで開催されています。5月5日の「こども
の日」は、うれしい無料公開!
   
 カエルが一番楽しみにしているのは、ディック・ブルーナの「ミッフィー」。
子どもだけじゃなく、大人にも人気の高い作品ですよね。
 みんなで番組を見て、県立美術館にお気に入りの絵本を探しに行こう!
 
 ▽テレビ・ラジオのラインアップについて詳しくはこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/koho/bangumi/tv200405.htm
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆行ってみてたんせ!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲「秋田県立博物館」新装オープン
 改装工事を進めていた「秋田県立博物館」が、4月29日(木・祝)にリニ
ューアルオープンします。
 
 秋田の自然を紹介した「自然展示室」や縄文時代の竪穴住居が実際に体験で
きる「人文展示室」が新設されるなど、秋田の魅力がいっぱい! このGWに
は一段とグレードアップした県立博物館に、ぜひ行ってみてたんせ!
 
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www.akita-c.ed.jp/~hakubutu/index.htm
 
▲荒処(あらところ)沼入り梵天(ぼんでん)
 5月1日(土)、県無形民俗文化財に指定されている平鹿町醍醐(だいご)
の「荒処沼入り梵天」が行われます。
 厳島神社傍らの弁財天沼に梵天を突き立て、五穀豊穣、水の恵みなどを祈り
ます。
 
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www.akitafan.com/new_binran/user/r_detail.htm?serial_no=1233
 
▲あきた産デーフェア〜地産地消in「みどりの日」〜
 地域の農産物や加工品の展示・実演販売が、4月29日(木・祝)の「みど
りの日」に秋田駅前「ポポロード」で開催されます。当日はみどりの苗木のプ
レゼントもあります。
 
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www2.e-komachi.jp/chisan/news0429.html
 
▲子育て中の皆さんへ〜GW期間中のイベント情報〜
 「わんこといっしょにみどりの日」や県児童会館で行われるイベントが盛り
だくさん! 親子で出かけてみて!
 
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www2.pref.akita.jp/kosodate/index.htm
 
 ▽秋田県の観光情報はこちら↓
  http://www.akitafan.com/
 ▽秋田県内のイベント検索はこちら↓
  http://www.akitafan.com/event/user/index.htm
 
▲青森県から!
 ◎2004津軽三味線全国大会
  津軽三味線の発祥の地で行われるこの大会。今や各地の民謡自慢にとって、
 あこがれの舞台といわれる春の恒例のイベントです。一般参加の上位者から
 プロの歌手までが招待されて行われるグランプリ大会に、ぜひ足を運んでく
 ださい。
 【開催日】5月3日(月・祝)・4日(火・祝)
 【場 所】弘前市民会館
 【お問い合わせ】津軽三味線全国大会事務局 0172−27−6438
 
 ◎2004菜の花フェスティバル in よこはま
  作付け面積が日本一の菜の花畑は、まるでどこまでも続く黄色のじゅうた
 ん。そのまぶしくも美しい景色の中で行われるマラソン大会や菜の花迷路に
 皆さんも参加してみては! 他にも多彩なイベントが盛りだくさん。
 【開催日】5月15日(土)(前夜祭)・16日(日)(フェスティバル)
 【場 所】横浜町大豆田会場
 
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www.aomori-event.net/details.asp?mcd=2&dbno=1&datno=1657
 ▽青森県の観光情報はこちら↓
  http://apti.net.pref.aomori.jp/
 
▲岩手県から!
 ◎春の藤原まつり(平泉町)
  「春の藤原まつり」は藤原三代の栄華を今に再現した全国的にも知られた
 行事です。中でも、5月3日(月・祝)に行われる「源義経公東下り行列」
 は、義経が兄・頼朝から逃れ平泉にたどりついたとき、藤原秀衡が自ら出迎
 え、民衆も歓喜したという様子を再現するものです。
  
  その他にも、稚児行列・郷土芸能・弁慶力餅競技大会など、さまざまな催
 しが行われます。
 【開催日】5月1日(土)〜5月5日(水・祝)
  
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www.town.hiraizumi.iwate.jp/
 
 ◎天台寺春の例大祭〜瀬戸内寂聴住職の法話会(浄法寺町)〜
  古くから「おやまさかり」として親しまれてきた天台寺のお祭りは、桜が
 咲く5月に春の大祭が、稲刈りが終わる10月に秋の大祭が行われます。
 
  呼びものの「みこし渡御」は、三角の紙を頭につけた男たちのおみこし行
 列が練り歩きます。また、瀬戸内寂聴住職のユーモアを交えた分かりやすい
 法話は大人気で、何千人もの参拝客で境内はいっぱいになります。
 【日時】5月5日(水・祝)
     瀬戸内寂聴住職法話 午前11時〜・午後2時〜 の2回
 【場 所】天台寺
 
 ▽詳しくはこちら↓
  http://www.town.joboji.iwate.jp/
 ▽岩手県のイベント情報はこちら↓
  http://www.iwatetabi.jp/fr.php?op=event
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆インターナショナルルーム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 現在、およそ100名のALT(外国語指導助手)の皆さんが、県内の中学
校や高校などで外国語の指導を行っています。今回は、県教育センターに勤務
しているベン・アダマンさん(カナダ出身)の登場です。
 
▲秋田で暮らし始めておよそ3年、もうすぐカナダに帰る時がやってきます。
「3ヶ月後(8月)に帰国するなんて信じられないな」というのが正直な気持
ちですが、心の準備はもう始まりました。「心の準備」の1つは、日本での3
年間の経験の意味を考えることです。
 「理解するということは時間がかかる。時間がたてば理解することができる」
ということを秋田で学びました。
 
 秋田の温泉や白神山地、きりたんぽやハタハタを楽しんだのはもちろんです
が、さまざまな日常生活の出来事も驚きの連続でした。例えば、職場で、なぜ、
誰に、いつ、「お疲れさま」と言えばいいのかよく分かりませんでした。居酒
屋で「すみません!」と大きい声で呼ぶことや、未成年禁止ビデオの自動販売
機や、3月の道路工事祭り!などにも、とてもビックリさせられました。
 
 1年目はいろいろな経験ができましたが、「理解」ではなく、「感想」しか
持てませんでした。事実は見えるけど、根本が深く見えません。秋田に長く住
めば住むほど社会を理解するようになります。当たり前ですが3年たったから
こそ、秋田の社会に慣れてきたのです。まだ分からないこともありますが、そ
れは時間の問題だと思います。
 
 日本に住んでいると、「外国人だから『はし』を使うことができないでしょ
う」と言われることがあります。悪気はないかもしれませんが、差別に聞こえ
ることがあります。「外国人だから『はし』が使えない」のではなく、「今ま
で使っていなかったから使えない」のです。漢字も「外国人だから書くことが
できない」のではなく、「まだ勉強してないから書けない」という方が正しい
のかもしれません。
  
 外国人と日本人とでは外見は違うかもしれませんが、心は似ていますよ!
秋田の皆さんも、機会を見つけて外国人の友達をつくってもらえるとうれしい
です。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆踊る特派員報告
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今回は、特派員No.005 八森町「白神の風」さんからの報告です。
 
▲白神の天然わき水で仕込まれた「ちょっといいお酒」
 秋田といえば「おいしいお酒」。皆さんはどうやってお酒を選びますか?
 名の知れているお酒、おいしいと思えるお酒、値段が手ごろなお酒、ラベル
がきれいなお酒・・・。さまざまな選び方がありますね。
 
 世界に名高い「白神山地」の麓(ふもと)にある八森町。白神の天然わき水
で仕込まれた「ちょっといいお酒」を紹介します。
 
 銘酒「白瀑(しらたき)」で知られている山本合名会社の「白神の鼓動」と
いうお酒は、売り上げの中から1本につき30円、ブナの植林に充てることに
しています。
 
 「白神の水から恩恵を受けているので、ブナ林を守り、はぐくむことで恩返
しを」という意向から生まれたお酒です。長い時を経て濾過(ろか)された水。
ブナの寿命は350年〜400年。過去と未来の長い歴史を感じますね。
 
 天然濾過水の純米吟醸酒。アルコール度数は17度以上18度未満とやや高
めのため、飲み応えのある力強い口当たり。
 
 白神の水を感じながら、そしてこれからの白神を守るためにお酒を楽しむ・・
時にはこんな浪漫(ろまん)を抱いてお酒を楽しんでもいいのではないでしょ
うか。心を豊かにしてくれるとてもいいお酒だと思います。
 
 他県から秋田に移り住むことになり、初めに感じたのは「水の豊かさ」でし
た。あふれんばかりに、そして雄大に流れる川。当たり前のことが、実はすば
らしいことだったりするものです。
 
 秋田は自然豊かな住みやすいところ。まだまだ知らない秋田を楽しんでいき
たいと思っています。
 
 ▽「白神の天然わき水」「純米吟醸酒『白神の鼓動』」の写真はこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/koho/mailmag/pic040427.htm
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆クローズアップメルマガ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今回ご紹介するのは、「秋田ふるさと村」メールマガジンです。
 
▼秋田ふるさと村のメールマガジンは、「地域とともに築く秋田の元気」を合
言葉に、秋田ふるさと村情報や秋田の観光や風土・文化など新鮮な情報を週1
回お届けしています。
 
 メルマガ会員は、北は北海道から南は九州まで全国津々浦々。ふるさとをな
つかしむ方、そしてご旅行に役立てる方など、たくさんの読者に支えられて、
現在114号目に突入です。
 
 ○発行者・ノブくんのコメント
  メルマガ購読を申し込まれた方はclub−f会員に自動登録。チケット
 の先行予約や秋田ふるさと村の先取り情報がゲットできちゃいます。ほかに
 も、秋田の観光や食べ物、四季の風景などの情報もいっぱいです。
 
  時に発行者・ノブのおまぬけぶりが垣間見える脱力系のメールマガジン。
 迫り来る締め切りにあせりつつ、それでも元気いっぱい!情報満載でお届け!
 「うれし、たのし、おいしいもの大好き!」をモットーにこれからも元気い
 っぱい頑張ります。
 
  秋田ふるさと村のメールマガジンは毎週火曜日に発行しています。
  皆さんからのご意見、ご感想をお待ちしています。
  
 ▽「秋田ふるさと村」メールマガジンの登録などはこちら↓
  http://211.9.210.24/cgi-bin/journal/magbbs.cgi?mode=member
 ▽秋田ふるさと村のホームページはこちら↓
  http://www.akitafurusatomura.co.jp
 ▽県立近代美術館のホームページはこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/gakusyu/public_html/index.html
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆今週の言わせて!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 今回は、秋田市の“say”さんからの“言わせて!”をご紹介します。
 
▲ごみ投棄! 心が痛みませんか?
 4月18日(日)、秋田南大橋の下で、雄物川河川敷の清掃活動に参加しま
した。
 
 そこにはトラックで運んできたと思われる大量のごみがあり、土が覆ってい
るところを掘り起こすと、解体ごみなのか、いろいろなものが出てきました。
トタン板、じゅうたん、ストーブ、鍋釜、皿、おもちゃ、レコード、ガラス瓶、
煙突、ビニールハウスの残がいなど、ひどいものです。
 
 また、雑木や萱(かや)が茂る川辺のちょっとしたくぼ地には、発泡スチロ
ールの箱、ペットボトル、ガラス瓶、農薬の容器、プラスチック製品などが、
拾いきれないほど散在してました。
 
 こんなにごみが流れる川を後世に残せますか。後世の人々に申し訳ないと思
いませんか。
 ごみを川に捨てないでください!
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
 読者の皆さんが日ごろ感じていることや、メルマガ『あ!きた。』に関する
ご意見、ご感想などをお寄せ下さい。
 5月10日(月)までにお寄せいただいた方の中から抽選で5人の方に、前
号(No.23)の「五右衛門がゆく!」のコーナーでご紹介した「BGM活
用の実践メンタルトレーニング」のCDをプレゼントします。
 
 ▽どのようなことでもOK!こちらまでお気軽にどうぞ↓
  mailto:mag@mail2.pref.akita.jp
 
 なお、プレゼント当選者の発表は、商品の発送をもって代えさせていただき
ます。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆『あ!きた。』的こぼればなし
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲有用微生物の宝庫「白神山地」
中国で再び新型肺炎(SARS)患者が発生したというニュース。鳥インフ
ルエンザが終息したと思ったら、今度はSARS。牛丼騒動が続くBSEを始
め、O−157、HIV(エイズ)、エボラ出血熱・・・。
 
 これだけ続くと、ウイルスなど微生物の新たな蠢動(しゅんどう)もやはり
現代文明のせい?と、いささか悲観的になってしまいます。
 
 ところで今回のテーマは、同じ微生物でも人間に恩恵をもたらしてくれる有
用微生物のこと。
 
 世界遺産「白神山地」の広大な天然ブナ林。その腐葉土はまさに有用微生物
の宝庫です。先日、白神山地のふもと・八森町で、ブナ林の保護・育成に取り
組んでいる工藤英美さんからお話を伺う機会がありました。
 
 「森を復元することで海の再生を目指す」という遠大な目標を掲げて活動し
ている工藤さんが、いま最も関心を持っているのは、ズバリ「白神の微生物」。
 
 県の総合食品研究所などの研究で、白神山地の腐葉土の中からは、パンづく
りの常識を変えるといわれる「白神こだま酵母」や生ゴミのコンポスト化に有
効な高機能の微生物などが、次々と発見されています。
 
 以前から腐葉土の採取に協力している工藤さんは「白神山地ができて数百万
年、現在のようなブナ林が形成されてからでも8,000年。この間、寒風や
豪雪など、過酷な自然条件に耐えてきただけに、白神の微生物にはとんでもな
いパワーが秘められている可能性があります」と、その期待を熱く語ります。
 
「そのうちに、白神の微生物から水虫やガンの特効薬が開発されるかも知れ
ませんよ」と、冗談交じりに話す工藤さん。暴走すればとんでもない厄災をも
たらす微生物ですが、一方では人間へのすばらしい贈り物でもあったんですね。
 
 工藤さんたちの地道な活動、そして白神微生物の可能性にチャレンジする県
総合食品研究所の皆さんに熱烈なエールを送ります。
 
  (あわせて塗炭の苦しみ「二日酔い」の特効薬を熱烈に期待するT.S)
 
 ○追伸その1
 工藤さんたちが、全国から参加者を募って行っている「ブナのボランティ
 ア植樹」などの活動については、県の全戸配布広報紙「あきた新時代」6月
 号をご覧ください。ご住所を連絡してくだされば、県外の方にもお送りしま
 すよ。
 
 ▽追伸その2〜T.Sの「お花見てん末記」はこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/koho/mailmag/pic040427.htm
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆おわりに
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
▲自分だけのGW
 29日から始まる「GW」。もし30日と5月6・7日を休もうものなら、
実に11連休ということになります。もちろん、この期間中が「書き入れ時」
という方もたくさんいるでしょうから、一概に「お休みモード」でないことは
確かですが、それでも俗に言う「民族大移動」は間違いなく起こります。
 
 SARS騒動で昨年は少なかった海外旅行組も今年はかなり多いらしいし、
国内の行楽地も、きっとどこもかしこも人、人、人の波・・・になることでし
ょう。
 
 何年か前、そんな人混みを避けて“のんびりとした休暇”を満喫しようと、
車に食料品と釣道具を積み込んで、人里離れた渓流を目指して出かけました。
ところがどっこい。どこの川も釣り人の車でいっぱい。竿を下ろすまでもなく、
早々に帰ってきたことを思い出します。
 
 さて今年はどうしましょう?
 いっそどこにも出かけないで、GW明けに狙いを定めて毛針でも巻きますか。
アッいっけネー。ウェーダーに穴が開いたままだった!まずは修理、修理・・・。
 
 GWが終わったあとに、“自分だけのGW”が欲しい下戸仮面でした。
 
★5月7日は休刊します。次号の発行は5月17日(月)となりますので、ご
了承下さい。
 
■メルマガアンケート集計結果はこちら↓
 http://www.pref.akita.jp/koho/mailmag/enquete1_result.html
 
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して
無料で配信しています。 http://www.mag2.com/
 
 ▽登録はこちら↓
  http://www.pref.akita.jp/koho/mailmag/mailmag.htm
 
 ただし、携帯電話のメールアドレスは登録できませんので、ご了承ください。
 なお、メルマガ『あ!きた。』に登録すると『まぐまぐ』のメールマガジン
「ウィークリーまぐまぐ」が送信されてきますが、不要の場合は末尾のURL
から解除できます。
 
 ▽秋田県のホームページはこちら↓
  http://www.pref.akita.jp
 ▽メルマガ『あ!きた。』へのご意見、ご感想はこちら↓
  mailto:mag@mail2.pref.akita.jp
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
****AKITA**************************
  発行:秋田県情報公開課
     〒010−8570 秋田県秋田市山王四丁目1−1
     TEL 018−860−1073
     FAX 018−860−1072
**************************AKITA****