Part IV
Public Health Services
〔1〕General Health Checks
Foreign residents are encouraged to make use of the various free or low-cost health check-ups and immunizations which are provided by local municipalities.
A list of these examinations,schedules,and designated hospitals and clinics is printed in the local weekly or monthly newspaper,(in Japanese).
Health care provided by Akita Prefecture and municipalities (shi cho son) include the following:
Prefecture-sponsored Health Care
Akita Prefecture has eight Public Health Centers,(Hokenjo),one located in each major city.These centers primarily provide consultation regarding issues such as nutrition,parenting,child care for new mothers,and TB.They also do AIDS testing and infant health checks for basies up to three years of age.Contact your town office for the location nearest you.
For those who want a highly comprehensive overall physical examination,the Ningen Dokku exams are also offered.This entails numerous exams taken in detail,usually over a one or two day period.Costs run near \30,000.

公衆衛生サービス
〔1〕公衆医療サービス
在留外国人は、市町村の実施する各種の健康診断と予防接種を無料、または低料金で利用できます。
これらの検診、実施予定、および指定病院や診療所名は、市町村の週報、または月報に記載されています。(日本語で)
秋田県と市町村では、次のような医療サービスを行っています。
県が行っているもの
秋田県には、各市ごとに8カ所の保健所が設置されています。これらの保健所は栄養、育児、妊婦のための乳児の扱い方や、結核等に関する相談サービスを主として取り扱います。また、保健所では、エイズ検査と3歳児の幼児検診も行っています。
市町村役場に連絡して、あなたの最寄りの所在地を確かめてください。
精密な総合検診を希望する人のために、人間ドック検診も行われて居ます。この検診では、通常2日間、またはそれ以上の期間をかけて、詳細な各種検査が行われます。費用は3万円程度です。

Municipal-sponsored Health Care
◆General Checkup Kihon Kenko Shinsa
As recommended by the Ministry of Health abd Welfare,each city offers general health checks for residents over 40 who do not already receive the testing through their place of employment.Basic tests are free,but an extra fee of \500〜\1,000 may be charged.Blood pressure check,urinalysis,blood test and chest X-ray are taken.
Check-ups received at one's place of employment are called Shokuba Kenko Shindan.
◆Screening for Tuberculosis Kekkaku Yobo Kenshin
Those with persistent coughs and phlegm are encouraged to get this checkup.
◆Women's Health Checkup Josei no Herushii Chekku
Checks for female cancers and pap smears are given for women over age 30.Blood,urine,weight,blood pressure,and hearing checks are given for women over age 40.

市町村が行っているもの
◆一般健康診断
厚生省の提唱によって各市は、職場で検診を受けていない住民を対象に、健康診断を行っています。基本検診料は無料ですが、500円〜1,000円の特別料金がかかることもあります。職場での検診は「職場健康診断」と呼ばれています。
血圧測定、尿検査、血液検査、およびX線検査も行っています。血液検査、または検査結果の証明書の発行には、多少の費用がかかることがあります。これらの検査は40歳以上の人たちを対象にしています。
◆結核予防検診
持続性のせきや痰の出る人たちは、この検診を受けるよう勧められています。
◆女性のための健康診断
女性のガンや子宮ガン細胞の検査は、30歳以上の人を対象に行っています。
血液、尿、体重、血圧、および聴力検査は、40歳以上の人が対象となります。

〔2〕Birthing & Child Care
When pregnant,it is necessary to first register your pregnancy with the Public Health Promotion Section (Shakai Fukushi Ka) of your local town office.At that time you will receive the 'Mother-Childreh Handbook For Health' (Boshi Techo) which provides space to record vaccinations,child growth,and care.It is one of the most important records for both the mother and child.
For those enrolled in the National Insurance Plan,a reimbursement payment for childbirth,between \250,000 and \300,000 for delivery expenses is made after the delivery.
To enroll in the Birth Care System,multiple visits to the town office may be needed.In all,you should register for a pre-birth medical care booklet,immunization care,and the Birthing Reimbursement Plan.
Pre-natal Classes are offered (in Japanese) to women who are 5-7 months pregnant on dealing with pregnant life,nutrition,breast feeding,and post-natal care.The classes are held once a month and a session is concluded in three meetings.
◆Infant Care
Many towns offer free medical treatment as both in- and out-patient care for infants aged 0-1.Health Exam Services are offered for infants four,seven,ten,and eighteen months old to check general health condition,growth,and provide dental care.Only two year old infants can take advantage of this as in-patients.
A health insurance card,with the infants name printed,and a certificate of your income is necessary.
Many municipalities provide an allowance for children under three years old.Payment depends on your household income,but generally \5,000/month is paid for a first and second child,and \10,000/month for a third child or more.
A hanko stamp or signature is OK,and you need to bring a certificate of your pension membership,and the bank account number for direct-deposit.
◆Checkup for New Mothers Sanpu Kenko Kenshin
Free urinalysis,blood pressure check,and internal medical exam are offered for new mothers at the time of the baby's 4-month checkup.Although,the services may be crowded,lack private discussion time with the doctor,and little medical history information taken,the service is there if you choose to use it.
◆Preventative Vaccinations
Vaccinations provided by cities for polio myelitis,diphtheria,whooping cough,lockjaw,measles,tuberculin,and BCG.

〔2〕産前・産後の母子健康管理
妊娠の際には、まず第一に、あなたの住む市町村役場の社会福祉課に妊娠の登録をする必要があります。登録時に、母子手帳を受け取りますが、それには予防接種の記録欄、子供の成長記録や健康管理欄が掲載されます。この手帳は、母子両者にとって最も重要な記録のひとつです。
国民健康保険加入者に対しては、分娩後、出産手当金として子供の出産払い戻し金が、25万から30万円の間で支払われます。
出産健康管理制度に加入するには、産前医療手帳、予防接種、および出産払い戻し金計画に登録するため、何度か市町村役場を訪れる必要があります。
栄養、授乳、産後の注意事項等、妊娠中の生活について妊娠5〜7カ月の婦人を対象に、(日本語による)産前教育学級が開設されます。この学級は月に1回、計3回で終了します。
◆乳幼児の健康管理
多くの市町村では、0〜1歳児を対象に、入院、外来双方の医療を無料で行っています。4歳、7歳、10歳と生後18カ月の乳幼児に対しては、健康診断によって、一般的な健康状態、成長度および歯科のチェックが行われます。2歳児は入院時だけこれを利用できます。乳幼児の氏名が記入されている健康保険証とあなたの所得証明書が必要です。
多くの市町村では、3歳児未満に対して手当を支給しています。あなたの家族の収入額に応じて支給されますが、一般には月額5,000円が第一子と第二子に、第三子またはそれ以上には月額10,000円がそれぞれ支給されます。
ハンコまたは署名でも良いですが、年金加入証と銀行預金口座番号を知らせることが必要です。
◆産婦健康検診
乳児の4カ月検診の際に、産婦を対象とする尿検査、血圧測定および内科検診が無料で実施されます。
このサービスは混雑していたり、医師と個人的に話し合う時間が欠けたり、医療歴について情報が足りない場合もあるかもしれませんが、利用しようとすれば、このサービスも受診可能です。
予防接種
市町村では、ポリオ脊髄炎、ジフテリア、百日咳、破傷風、はしか、ツベルクリンとBCGの予防接種を実施しています。

◆Vision Testing
If you notice changes in your vision and want it checked,contact an opthalmologist,(Ganka-i).In Japan,normal vision is 5/5 measured from 5m.
◆Women's Health
Women should contact a gynecologist for yeast infections or an annual pap smear.If you desire more privacy,choose a small clinic.At a large hospital,waiting patients can generally hear what is being discussed with the doctor though the small curtain,Also,a curtain usually separates the patient and doctor during the exam.Ask to pull back the curtain if you wanto to see the doctor's face.
In Japan,Cervical Cancer Exams (Shikyu Gan Kenshin) are not started until the woman reaches thirty or has her first paregrancy,in contrast with the US,where exams start at eighteen.Pap smears (Shikyu Saibo Shin) or (Sumea Testo) may be done as a part of municipal health checks,for women over thirty.Women in their twenties,can request the test directly at a OGBYN clinic.
Menstruation Gekkei/Seiri 月経、生理 Pregnancy Ninshin 妊娠
Hemorrhage Fusei Shukketu 不正出血 Miscarriage Ryuzan 流産
Breast Cancer Nyugan 乳癌 Abortion Chuzetsu 中絶
Morning Sickness Tsuwari つわり Birth Control Hinin 避妊
Inflammation of Bladder Bokoen 膀胱炎 Yeast Infection Yisutokin kansen Byo イースト菌感染病

◆Men's Health
Prostate cancer (Zenritsu sen Gan) in Japanese men is very low,but a blood test can be taken if you feel a need.

◆視力検査
視力の変化に気付いて検査を受けたいときは、眼科医に連絡を取ってください。日本では5メートルから5/5測定値が正常視力とされています。
◆女性の健康
イースト菌感染や子宮細胞診を受診したい女性は、婦人科医と連絡を取ってください。十分なプライバシーを望む場合は規模の小さな診療所を選んでください。大規模病院では、小さなカーテン越しに待ち合わせ中の患者が、医師との話し合いの内容を聞くことができるのが普通です。また、診察中、患者と医師の間は、通常カーテンで仕切られています。医師の顔を見て話したいときはカーテンを引きあけるよう依頼してください。日本では、子宮ガン検診は30歳、または初産までは行われません。これと対照的に米国では、18歳から検診が開始されます。
子宮細胞診、またはスメア・テストは30歳以上の女性を対象にして、市町村の健康診断の一環として実施されています。20歳代の女性は産婦人科医院で直接に検診の依頼をすることができます。
◆男性の健康
日本における、前立腺ガンの発病率は非常に低いですが、もし必要と思えば、血液検査を受けることができます。

〔3〕AIDS Testing
AIDS Counselling Center
Akita Prefecture Health Center Akita City,Nakadori 2-1-52
HOURS:8:30AM-5:00PM Closed Sat., San., & Holidays
TEL:018-833-8521 Ext.37
AIDS Clinic (HIV Testing)
Akita Prefecture Health Center
Testing every Friday 9:00AM-11:00AM
Call ahead for an appointment
Cost:\1,760 (The test is free for those who worry that they may likely be infected.)
Test results given the following Friday (9:00AM-10:30AM)


〔3〕エイズ検査
エイズ相談センター
秋田保健所 秋田市中通2丁目1-52
時間:午前8:30〜午後5:00 土、日、祭日は休診
TEL:018-833-8521(内線37)
エイズ診療所(HIV検査)
秋田保健所 毎週金曜日午前9:00〜11:00
予約申込みのこと
料金:¥1,760円
検査結果は翌週金曜日告知

〔4〕Family Planning
Condoms (condomu,or sukin) are sold at drug stores,supermarkets,and sometimes by door-to-door sales.
The pill has not yet been authorized for use as a contraceptive in Japan,although similar hormones are available for treating menstrual irregularities.
If you are already taking the pill when you come to Japan,inform your doctor.
Remember,if anti-biotics are prescribed,they will counteract the function of the pill.
〔5〕Admission to a Hospital
Hospital stays in Japan are sometimes required for conditons which are often treated at home in western countries,and generally occur for a longer peruiod of time.
Most hospitals have policies stating what each patient should bring with them.In general,you'll need to bring your own pajamas,towels,coffee cup,glass,silverware,wash bowl,slippers,hangers,laundry bag,small clock,and other personal items.
If it is difficult to communicate in spoken English,remember if you try to write down reauests,written English might convey your ideas faster.
Remember,in Japan,family members are often expected to tend to the patient's personal needs,do laundry,help with meals etc., If such a person is not available,you may ask the nurses to help.
However,traditionally nurses in Japan do not attend to personal care.If you are unable to bathe,wash your hair,dress,etc.by yourself,and do not have a family member to help,you may have to hire a helper (Kaseifu),who will do such things.

〔4〕家族計画
コンドームは薬局やスーパー、場合により訪問販売によって入手できます。
ピルの使用は、避妊法としては日本では認められていません。但し、これと類似のホルモン剤が月経不順の手当のため用いられてはいます。
日本に来たときに既にピルを持参していたら、その旨、申告してください。抗生物質が処方された場合、ピルの効果がなくなることがあります。
〔5〕入院
西洋諸国で、通常は在宅のまま治療を受けるような状態であっても、日本では入院する必要がある場合が多く、また、一般的に入院期間も長期にわたることがしばしばあります。大多数の病院には、各患者が入院の際持参すべき品目を書いた注意書が備えられています。一般に、自分のパジャマ、タオル、コーヒーカップ、コップ、はし類、洗面器、スリッパ、ハンガー、洗濯袋、小型時計、その他の私用品等です。
英語で話しても、意志を通じさせるのが困難な時は、依頼事項を書いて見せるのも良いでしょう。それによって、あなたの要求をより早く伝えることができるかも知れません。
日本では、家族が患者の個人的な必要性について世話をすることが多く、洗濯や食事の介護等をするのが普通です。もし、そのような家族がいない場合には、看護婦の介助を依頼してください。
しかし、日本では個人的な事項について、看護婦は介助はしないのが慣例となっています。もしも、入浴、洗濯、着衣が自分一人でできず、また、家族の介助者がいない場合は、おそらく、それらを代行してくれる家政婦(付き添い)を雇わなければならないでしょう。