最新情報
道路情報
おすすめ観光コース
観光について
エリアマップ
祭り・イベント
温泉
自然
見る
遊ぶ
宿泊施設
特産品
その他
おすすめリンク集
写真集
映像

■清酒(湯沢市)
清酒
 良質の水と米に恵まれた湯沢は「東北の灘」と称される酒どころです。有形文化財に指定されている酒蔵も数多く、工場見学のできる酒蔵もあり、歴史や製法を学べるほか試飲もできます。現在6蔵がお酒を造っています。

■稲庭うどん(湯沢市)
稲庭うどん
 稲庭うどんは、江戸時代から300余年の伝統を今に伝える秋田藩主御用達の品で、「淡泊な味、舌触りの良さ、しっかりしたコシ」は全国の食通から絶賛され広く愛されています。「手ない」という独自の手法で手造りされ、ゆで上がりの色つや、味わいが逸品です。日本三大うどんの一つとしても知られています。

■三関さくらんぼ(湯沢市)
三関さくらんぼ
 さくらんぼといえば山形県のさくらんぼが有名ですが湯沢市三関地区のさくらんぼも負けてはいません。三関のさくらんぼは品質日本一といわれています。
 昭和20年代から栽培され、栽培開始から50年が経過し、作付面積は40haと秋田県一となっています。収穫時期は6月中旬。地元の産地直売所などで購入が可能です。

■三梨牛(湯沢市)

三梨牛
 栗駒山麓の清らかな清水と高い飼養技術が造り 
だした最高級牛肉黒毛の和牛。
 柔らかくコクのある肉質は、松坂牛、米沢牛に劣らない味で、ステーキに抜群。銘柄牛としての高い評判を得ています。

■皆瀬牛(湯沢市)
皆瀬牛
 栗駒山麓の豊かな自然に囲まれて育った皆瀬牛は、肉質がまろやかで、しかも風味豊かな、とろけるような柔らかい牛肉です。

■羽後牛(羽後町)
羽後牛  県内でも有数の飼育頭数を誇る羽後牛は黒毛和牛ならではの優れた肉質が売り物です。毎年9月の第1日曜日には羽後町のアルカディア公園で「野外焼肉バーバーキュー」などのイベントが行われる「うご牛(べご)まつり」が開催されます。

■岩魚・山女(湯沢市、東成瀬村)
イワナ・ヤマメ
 西栗駒山麓を流れる湯沢市の役内川、東成瀬村の成瀬川の清らかな流れは岩魚・山女の宝庫であり、甘露煮やくんせいなどの加工品が作られています。

■栗駒高原牛乳(湯沢市)
栗駒高原牛乳
 温泉の地熱エネルギーを利用し、風味、栄養価を損なわない低温殺菌で作られた栗駒高原牛乳。健康食品として牛乳の他、ヨ−グルト、ソフトクリ−ムもおいしい。

■西馬音内そば(羽後町)
西馬音内そば
 昔ながらの手打ちそばで、こしが強く、そばの風味とそばつゆのコンビネーションが絶妙の味わいを作り出しています。つなぎに布海苔を使う独特の腰があるそばで、冷たいつゆをかける「冷やがけ」が定番です。

  ●西馬音内飲食マップ

■手作りケチャップと焼肉のたれ(東成瀬村)
とまとケチャップ 焼肉のたれ
 地元産の桃太郎トマトのおいしさがまるごと詰まっているトマトケチャップ。同じく地元産のりんご・にんにくを使用した焼肉のたれ、手作りならではの本物の味わいが大評判です。

■平良カブ(東成瀬村)
平良かぶ  村の平良地区のみで獲れる珍しいカブ。漬物は県内外で賞味され、高く評価されています。(冬期間限定)

■川連漆器(湯沢市)
川連漆器  約800年の伝統を誇る川連漆器は、秋田を代表する国の伝統的工芸品(昭和51年)。 丈夫な木地、丁寧な下地塗りを繰り返した上に油分の多い漆を塗るという高い技術を誇ります。沈金・蒔絵の技術も高く、あでやかな塗りに一層華を添える見事な仕上がりは、川連ならではのものです。堅牢な実用漆器として全国に知られています。

■曲木家具(湯沢市)
曲木家具  ブナ財を使った「曲木細工」はグットデザイン賞を受賞して海外にも輸出されています。伝統的な組子技法による建具などは寸分の違いもなく、猫間障子や書院障子にも見事に生かされています。

■木地山こけし(湯沢市)
木地山こけし  前垂れに梅花をあしらった絵付けが特徴の秋田を代表するこけしです。

■川連こけし(湯沢市)
川連こけし  江戸時代の末期、漆器の木地師たちが玩具として作り始めた愛らしいこけし。木地山こけしと並んで県内では数少ない伝統こけしで、すっきりとした素朴な美しさを特色としています。



秋田県雄勝地域振興局地域企画課
TEL 0183-73-8191 FAX 0183-72-5057
Eメール ogkikaku@mail2.pref.akita.jp
All Rights Reserved,Copyright AKITA Prefectural Government