●平成18年度『土砂災害防止推進の集い』【全国大会】のご報告

 6月1日、秋田県民会館に約1000名の参加者が集まり「土砂災害防止推進の集い」(全国大会)が開催されました。
 開会に先立ち、男鹿市職員によるなまはげ太鼓の演奏がありました。式典では、主催者等の挨拶、土砂災害防止功労者表彰が行われました。
 また、秋田大学教育文化学部 林信太郎教授より「記憶に残る砂防教育をめざそう−自助・共助のために−」と題して、砂防教育のあり方について講演が行われました。
 シンポジウムでは、NHK山ア解説委員がコーディネーターを務め、「お年寄り 早めの呼びかけ 一緒に避難」をテーマに、活発な意見交換が行われました。
 翌日は秋田駒ケ岳コース、男鹿半島コー ス、鳥海山コースの3コースにわかれて、現地研修会が実施されました。