秋田県選挙管理委員会

18歳・19歳のみなさんへ

18歳・19歳の投票率

平成27年6月に公職選挙法が改正され、これまで満20歳以上であった選挙権年齢が、満18歳以上に引き下げられました。選挙権年齢が引き下げられてから行われた2つの国政選挙の秋田県における18歳・19歳の投票率は次のとおりです。



いずれも全体の投票率を大きく下回り、なかでも19歳の投票率が低くなっています。60代、70代前半の人たちの投票率は概ね70%程度ですので、19歳の投票率の2倍程度になっています。

若い人たちが投票に行かないとどうなるか?

投票へ行く若い人たちが少ないと、政治家は投票する数が少ない若い人たちよりも、たくさん投票してくれる高齢者を優遇した政治を行うようになる可能性があります。その結果、若者の意見が政治に十分に反映されなくなるおそれがあるのです。

現在は計画・構想段階のものであっても、10年・20年経てば形になるものもあるでしょうし、中止となってしまうものもあるでしょう。それらに影響を及ぼすのは皆さんの投票です。だからこそ、自分たちや自分たちの子どもたちが暮らすこの社会が将来どうなってほしいかを真剣に考え、投票でその思いを届けていくことが大切になります。 若い人たちの投票率を上げることで、政治家は若い人たちに目を向けた政策を行うようになり、あらゆる世代が暮らしやすい社会をつくる第一歩となります。

『わたしたちの選挙2018 未来を、選ぼう。』

選挙の意義やしくみ、投票に関することなど、選挙権を持った若い方々に向けたパンフレットです。是非ご覧ください。
※下の画像をクリックすると公益財団法人明るい選挙推進協会のホームページに掲載されているPDFファイルが表示されます。


住んでいる自治体に住民票を異動しましょう!

選挙で投票するためには、選挙権があるだけでなく、市区町村が管理する「選挙人名簿」に登録されていることが必要です。住所地で選挙人名簿に登録されるには、転入してから3か月以上居住していることが必要となります。住民票は行政サービスや選挙人名簿への登録などにつながる大切な情報ですので、進学や就職などで引っ越した際には、住民票の異動も忘れずに行ってください。 詳しくは添付のチラシをご覧ください。
※下の画像をクリックするとPDFファイルが表示されます。



お問い合わせ

〒010-8570 秋田市山王四丁目1番1号
秋田県選挙管理委員会
TEL:018-860-1145 FAX:018-860-3858
e-mail:senkan@pref.akita.lg.jp