選挙権があっても、市町村の選挙管理委員会が管理する選挙人名簿に登録されていないと、投票はできません。
選挙人名簿の登録は、住民基本台帳に基づいて行われますので、他の市町村に転居した場合は必ずその市町村に転入届を出してください。
 
  選挙人名簿に登録されるのは、その市町村内に住所がある満18歳以上の日本国民で、住民票が作成された日(他の市町村から転入した人は転入届をした日)から引き続き3ヶ月以上、その市町村の住民基本台帳に記録されている人のほかに、転入前の市町村で引き続き3ヶ月以上住民基本台帳に記録されていた人で、転出後4ヶ月を経過していない人です。
なお、選挙犯罪などで公民権が停止されている人は、新たに登録されません。
 
  選挙人名簿への登録は、毎年3月、6月、9月、12月の1日に登録する定時登録と、選挙が行われる際に登録する選挙時登録があります。
また、登録されるべき人が登録されていないことが判った場合は、補正登録をします。
 
  選挙人名簿に登録されている人が、次の事項に該当したときは、その人は選挙人名簿から抹消されます。
・死亡又は日本国籍を喪失したとき
・他の市町村へ転居してから4ヶ月が経過したとき
・登録されるべきでない人を間違って登録したとき


選挙の意義選挙の種類選挙権と被選挙権選挙人名簿投票、開票、不在者投票選挙運動