選挙権、被選挙権は選挙の種類ごとに次のとおりになっています。
選挙の種類 選挙権(選ぶ権利) 被選挙権(選ばれる権利)
衆議院議員 満18歳以上の日本国民 満25歳以上の日本国民
参議院議員 同 上 満30歳以上の日本国民
知 事 満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上同一の市町村の区域内に住所がある人
上記の人が同じ都道府県内の他の市町村に住所を移したときは、1回に限り引き続き選挙権を有します。
同 上
県議会議員 同 上 県議会議員の選挙権のある人で、満25歳以上の人
市町村長 満18歳以上の日本国民で、引き続き3ヶ月以上その市町村の区域内に住所がある人 満25歳以上の日本国民
市町村議会議員 同 上 その市町村議会議員の選挙権のある人で、満25歳以上の人
上記の要件を満たしていても、選挙犯罪などで公民権が停止されている場合は、その期間中、選挙権、被選挙権はありません。
選挙権があっても、市町村の選挙人名簿に登録されていないと、実際の投票はできません。


選挙の意義選挙の種類選挙権と被選挙権選挙人名簿投票、開票、不在者投票選挙運動