今ココ⇒美の国あきたネット>秋田のシンボル

●秋田のシンボル


県の魚・ハタハタ県の鳥・やまどり県のマーク(県章)
県の魚・ハタハタ
平成14年、県民からの意見によって県の魚に決められました。水深約250メートルの海底で育ち、初冬に産卵のため沿岸にやってきます。
県の鳥・やまどり
昭和39年、公募によって県の鳥に決められました。キジ科の鳥で、おもに県内の内陸部の山地にすんでいます。
県のマーク(県章)
昭和34年、公募によって決められました。秋田の「ア」を図案化したもので、県の発展するすがたを表しています。
県の花・ふきのとう県の木・秋田杉

県旗
旗の中央に白ぬきの県章を入れ、地色は朱茶。大きさは、タテ140センチ、ヨコ200センチです。

 

県の歌

県の歌

県の花・ふきのとう
昭和29年、NHKが全国から「郷土の花」を募集したことがきっかけで、秋田の花に選ばれました。別名「バッケ」。
県の木・秋田杉
昭和41年、公募によって県の木と決められました。秋田県の天然杉は美しい木目と強い材質が特長で、日本三大美林の一つに数えられています。
「秋田県民歌」
秋田県民歌 楽譜楽譜 音声ファイル

「県民の歌」
県民の歌 楽譜楽譜 音声ファイル

 

 

このページを紹介する