1999/09/06 総合政策課
[HomePage| 総合政策課| 前の頁| 次の頁]

3 県民の夢創造・参画プラン
                                    
                                 
 新計画策定に当たっての新しい試みとして、県民意識調査やインターネ
ット、「新世紀秋田を語る会」などを通じて県民の持つ夢を把握し語り合
うとともに、その中のいくつかの夢の実現に、県民と手を携えて取り組ん
でいきたいと考えています。                    
 こうした取り組みが、新しい秋田づくりに向けて県民一人ひとりが参加
し力を合わせていくことに結びつくと考えています。         
「夢プロジェクト」とでも言うべきこの取り組みでは、県民から寄せられ
た様々な夢の中から、                       
                                 
 @この計画の期間を超えた長期的な視点で実現してみたい夢     
                                 
 A県民協働の運動として実現に向けて取り組んでみたい夢      
                                 
を選び、実現に向けた調査・研究や県民運動の推進に取り組むものです。
 県民の夢については、現在広く公募していますが、ここでは、その仕組
みや考えられる参考事例を含めて、次のように提案します。      
                                 


《 夢創造プラン 》

 このプランは、県民から募集した夢の中で、この計画の期間も超えた長期
的な視点で実現してみたい夢を取り上げるものです。          
 県民の参加によるワークショップを設置して研究を進め、夢創造企画書を
作成します。                            
 県では、その企画書に基づき、実現に向けた具体的な調査検討を進めてい
くことになります。                         

夢の募集、
ニーズの
把握
県民意識調査、ファックス、インターネット、「新世紀秋田を語る
会」等で県民から多彩な夢や提案を募集

  ↓      ↓
県民の夢創
造ワークショ
ップの設置
メンバーは:内容に応じて、公募や
       企業、ボランティアグル
       ープ、市町村等に呼び
       かけて調査・研究グル
       ープを構成
活動の場は:県でワークショップを
       設置
調査研究:学識者などをアドバイ
      ザリースタッフとして委
      嘱  


    県
・主管部局に決定
・職員によるサポー
 トグループの設置
・活動予算、広報、
 情報提供、諸機
 関等との調整
  ↓      ↓
夢創造企画
書の作成
・メンバーによる県民ヒアリング調査等
・調査に関連した主要なテーマについて、
 県の各部局に実現可能性の検討を依頼
・実現の手法等を検討し、夢創造企画書に
 まとめる
  ↓      ↓

 実  践  企画書に基づき、担当部局で具体的な調査
検討を進める

          

《 夢パートナーシッププラン 》


 このプランは、県民から募集した夢の中で、県民と協働の運動として実現
に向けて取り組んでみたい夢を取り上げるものです。          
 夢の内容に応じて、県民運動の事務局となる主体や協力・支援できる個人
や団体を広く募集し、運動を進めていきたいと考えます。仕組みは、夢創造
プランに準ずるとして、ここでは参考までに考えられる事例を示します。 

<事例 1>

「日本一美しい町づくりプラン」

  道路の沿線や家々の窓辺にも花々があふれ、街路にはゴミもなく、人々に安心
感を与えるような落ち着いた景観が維持されるなど、日本一美しい町づくりをめ
ざす運動

具体的な運動の例として、次のような活動が考えられます


苗づくりボランティアの支援
を受けながら、野の花のフラ
ワーロードづくりや空き地へ
の花壇の設置、花のある窓
辺づくりを進めるなど、花々
にあふれる街づくり活動を推
空き缶のポイ捨て防止キャン
ペーンや町内ごとの毎月クリ
ーンアップ作戦などにより、
ゴミのない清潔な街づくりを
推進

        ↓

日 本 一 美 し い 町 づ く り  


        ↑

住民の話し合いの中から、家屋にそれぞれの地域にふさわしい
色合いを選択したり、生け垣づくりに取り組むなど、落ち着いた
街並みづくりを支援



<事例 2>

「科学の心を育む夢プラン」

  知的好奇心を育む理科教育や産業競争力の源泉となる発明や特許の取得に熱心
に取り組むなど、科学する心を育む風土づくりに向け、企業等と連携しながら進
める県民運動

具体的な運動の例として、次のような活動が考えられます


小中学生の持つ独創性や
豊かな発想力を育てるため、
理科教育研究や発明工夫
への取り組みを奨励
高校生や大学生には、独創
的なアイデアを実践の場で
試るようロボットコンテスト、ソ
ーラーカーラリー等への参加
支援

        ↓

科  学  す  る  心  を  育  む  


        ↑

生活の中での科学的な着想
を生かし、また、専門研究者
の意欲を高揚するため、特許
等の取得や維持、公設試験
場等における博士号の取得を
奨励
こうした活動を支援する企業
や発明協会などのボランティ
アのネットワークづくり



[HomePage| 総合政策課| 前の頁| 次の頁]